13. 中学生のお弁当に華を添える「にんじんのきんぴら」

にんじんは色合いがきれいなのでお弁当に便利ですが、味付けに迷う……という人は多いのではないでしょうか。バターグラッセもおいしいものの、中学生にはあまり人気がないのかも。 にんじんはご飯に合うきんぴらに調理することで、お弁当にも入れやすくなりますよ。一緒にお肉を入れてもOKです。

14. お弁当の副菜にピッタリ「小松菜とちくわの炒めもの」

お弁当に緑色がなくて困っているときには、青葉野菜とちくわの炒めものがおすすめです。切り分けてササッと炒めるだけなので、時間がない朝にも取り入れやすいはず。 味付けはしょうゆ、砂糖、酒であっさりと。ちくわの風味と小松菜の食感がアクセントです。

15. お野菜嫌いもお弁当で克服「いんげんとにんじんの胡麻和え」

中学生になっても苦手なお野菜は、お弁当でおいしく克服したいところ。お野菜の味が緩和する胡麻和えなら、お弁当でいただけるかもしれませんね。 レシピには白だしとお砂糖を使用していますが、お好みでしょうゆを追加してもOK。濃い口しょうゆだと色が付くので、気になる人は薄口しょうゆを使いましょう。

16. 甘辛ダレが絶品「にんにくの芽の肉巻き」

お弁当のスペースが埋まるお役立ちレシピです。お野菜と肉巻きの組み合わせはお弁当の定番おかずですが、にんにくの芽を使ってがっつりとメインおかずにしてみるのもおすすめ。 味付けはちょっと濃いめの甘辛ダレ。白ご飯がどんどん進み、中学生も喜んでくれるはず!

中学生が喜ぶお弁当おかず|卵編

17. 塩よりおいしい味付け「ゆで卵の照り焼き」

お弁当に卵は欠かせない食材ですが、毎日となると飽きてくるのが現状。そこで、いつもの茹で卵を照り焼きにすることで、ちょっぴり工夫をしてみましょう。 塩よりもご飯のおかずにもなり、ボリュームもアップ。茹で加減はお子さまのお好みで調整してあげてくださいね。

18. 具材入りならボリューム感たっぷり「しらすの卵焼き」

いつもの卵焼きも、時々具材入りにすることでマンネリを予防できます。おすすめは、しらす。風味と食感がプラスされ、同じ卵焼きでも違うおかずのように感じれます。 お野菜を同時に入れてもよいですし、しらす以外にもいろいろな具材に挑戦してみるのも楽しいですよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS