中学生が喜ぶお弁当おかず|お魚編

7. お魚が苦手な中学生にも「塩鯖のみりん焼き」

塩鯖の臭みを取るために、みりん焼きにしたレシピです。お弁当にお魚を入れる際には、臭いの処理に注意しましょう。 片栗粉をまぶすことで、さらに臭いが取れるだけでなく、味が絡みやすくなります。お弁当にはいただきやすい大きさに切り分けてください。

8. 卵なしで作れちゃう「サクサク鯵のフライ」

朝からフライなんて、時間がないし手間がかかりそう……。そんな印象のあるフライレシピですが、卵なしでもパパッと作ることができますよ。 下処理さえしておけば冷凍保存も可能なので、使いたいときに揚げるだけでOK。いくつか準備しておくと、いざというときに便利です。

9. みんなが好きな定番をひと工夫「鮭の竜田揚げ」

鮭の塩焼きをお弁当に入れる人は多いですが、中学生にとっては少し物足りないかも。ボリュームアップするためには、竜田揚げにするのもおすすめですよ。 下味をしっかり付けておくので、時間が経ってもおいしい。同時にお野菜も揚げれば、時短レシピにもなりますね。

10. やっぱり揚げ物が好き。「エビのふわふわカツ」

中学生の女子におすすめのレシピ。エビの風味とふわふわの食感がクセになるカツで、あっさりとした味なのにボリュームがあり、お腹いっぱいになれます。 お好みのソースなどを添えてもよいですが、しっかりしたお味なのでそのままでも◎。運動会の日のおかずにもよさそう。

中学生が喜ぶお弁当おかず|お野菜編

11. いろどりおかずも手を抜かない「ブロッコリーとガーリックのサラダ」

お弁当のいろどりに大活躍の、ブロッコリー。そのまま入れたりマヨネーズでいただくのもよいですが、中学生の子ども達は、もしかしたら飽きているのかも。 ベーコンとガーリックで香ばしく炒めるだけで、いつものブロッコリーが大変身しますよ。ちょっとした手間をかけるだけで、お弁当のランクがアップします。

12. 箸休めになるほっこりおかず「蓮根とさつまいもの炒め煮」

蓮根のシャキシャキとした食感と、さつまいものホクホク感は、お弁当の中に添えておくとちょうどよい箸休めになります。 こってりした炒めものや揚げものおかずと相性◎で、作り置きも可能。お弁当のデッドスペースにもちょうどよいおかずでしょう。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS