ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

そもそもアンチョビとはどんなもの?

アンチョビとは

アンチョビとは、塩漬けにしたカタクチイワシを油に浸し、熟成・発酵させたものです。油の種類は、オリーブオイルやひまわり油などが一般的。

カタクチイワシを三枚におろししたフィレ状のものや、チューブタイプがありますよ。料理によって使い分けましょう。

どんな味?

アンチョビは塩分が多く、旨み成分がぎゅっと詰まっています。かなり塩辛いため、アンチョビだけで食べるよりも、料理に混ぜたりトッピングしたりと調味料代わりにすることが多いです。

アンチョビの代用品おすすめ6選

1. オイルサーディン

オイルサーディンは、アンチョビと同じいわしが原料です。アンチョビがカタクチイワシを生のまま漬けるのに対し、オイルサーディンはは油で加熱する点が違います。

また、オイルサーディンはアンチョビにくらべて塩分が少ないです。代用する際は、塩を加えるとアンチョビに近い風味に仕上がりますよ。

2. ツナ缶

まぐろやかつおを原料とするツナ缶。アンチョビの代用にするなら、水煮よりもオイル漬けがおすすめです。アンチョビとはやや風味や塩気が弱いため、塩や調味料をプラスするとよいでしょう。ナンプラーをちょい足しすると、ぐっとアンチョビに近づきます。

3. ナンプラー

ナンプラーは、主にカタクチイワシを下処理せずに塩漬けし、発酵させる魚醤(ぎょしょう)です。独特の香りが特徴で、エスニック料理に多く使われます。

アンチョビと同じく塩気が強いため、代用する際は少量ずつ加えましょう。液体なので、アンチョビペーストの代わりにしたり、スープに入れたりするのがおすすめです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ