ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

副菜の作り置きで日々の食事支度が楽に♪

家事や仕事に追われた12月が過ぎ、1月はやっとひと息つける頃ですよね。なるべく日々の食事支度を楽にするべく、週末におかずを作り置きしませんか?

ご紹介するのは、あとひと品やお弁当のすきま埋めに役立つおすすめ副菜レシピ5選。「マカロニメイト」のおがわひろこさんが考案した、簡単でおいしい料理をピックアップしました。ぜひ参考にしてみてください。

おがわひろこさんのプロフィール

Photo by おがわひろこ

料理ブロガー/おがわひろこさん どこにでもある食材で、簡単かつ時短をモットーにレシピを研究。自身のブログを書籍化した『ranmama-kitchen**みんなが喜ぶお弁当』(宝島社刊)が好評を博す。macaroniの公認コミュニティ「マカロニメイト」でも活躍中。

1. ピーマンとちくわのカレー炒め

Photo by おがわひろこ

調理時間:15分
保存期間:冷蔵で2〜3日


ピーマンとちくわを細切りにし、マヨネーズを溶かしたフライパンで炒めます。しんなりとしてきたら、カレー粉・顆粒コンソメ・オイスターソースでサッと味付け。具材に調味料がなじめばできあがりです。
火通りの早いピーマンに、安くてボリューミーなちくわを合わせるのがポイント。マヨネーズで炒めると、コクのある奥深い味わいに仕上がります。カレーの風味が食欲を刺激し、思わず箸が止まらなくなること請け合いです。

2. レンコンとニンジンのきんぴら

Photo by おがわひろこ

調理時間:15分
保存期間:冷蔵で2〜3日


レンコンをささがきにしてアク抜きをし、ニンジンも同様に切ります。ゴマ油で炒め、しょうゆ・酒・みりん・砂糖を一気に投入。汁気がなくなるまで煮詰めたら、すりゴマと炒りゴマを振って混ぜるだけです。
調理のコツは、レンコンとニンジンをささがきにすること。味が入りやすくなり、加熱時間を大幅に短縮できます。シャキシャキと歯ざわりがよく、ごはんが進む甘辛さが魅力。彩りがきれいで、食卓がパッと華やぐおかずです。

3. 牛肉としらたきのしぐれ煮

Photo by おがわひろこ

調理時間:20分
保存期間:冷蔵で2〜3日


しらたきをゆで、ザルにあげてざく切りにしておきます。下ごしらえが済んだら、こま切れの牛肉と千切り生姜を炒めましょう。途中で先ほどのしらたきを加え、砂糖やめんつゆで炒り煮にすれば一丁上がり。
牛肉は高くて買いづらい……。そんな方におすすめのひと品です。しらたきを足してカサ増しするので、お肉が少ないのに大満足のボリューム感。お給料日前の節約メニューに重宝します。そのまま食べたり、丼にアレンジしたりと、楽しみ方はいろいろです。

4. 小松菜のナンプラーペッパー和え

Photo by おがわひろこ

調理時間:10分
保存期間:冷蔵で2〜3日


小松菜を電子レンジで2分加熱し、一旦かき混ぜて再度1分チン。水気をしっかりと切ったら、5cm幅にカットします。ナンプラーやかつおぶしなどで和え、仕上げにブラックペッパーを振ってピリリとスパイシーに!
ナンプラーの複雑味が見事に活かされた副菜です。和・洋・中ジャンルを問わず、さまざまな献立に役立ちます。火を使わずにできるため、チャチャッと作り置きをしたいときに便利。使い残しのナンプラーを消費するのにもうってつけです。

編集部のおすすめ