入浴

血行不良によるくすみの対策には、習慣的に入浴することが大切。しっかりと湯船につかると体温が上がり、血行が促されます。シャワーだけで済ませるのはなるべく避けましょう。

また、身体を洗うときや濡れた身体を拭くときは、タオルでごしごしと擦らないように注意してください。タオルの摩擦が原因でメラニン色素が沈着しやすくなり、肌のくすみにつながるおそれがあります。(※5,6)

禁煙

たばこに含まれるニコチンには血流を悪化させる作用があるため、喫煙を続けると肌が乾燥しやすくなります。実際に喫煙の習慣がある女性は、たばこを吸わない女性に比べて小じわが多いことが明らかになっています。

また、ニコチンはビタミンCを壊す性質があり、シミや肌のくすみを引き起こします。ビタミンCの消費量が増加するため、受動喫煙にも注意しましょう。(※9,23)

過度なアルコールやカフェインを控える

肌のターンオーバーを促進するほか、脂肪の代謝に関わっているビタミンB2ですが、アルコールを摂り過ぎると消費量が増えます。アルコールが脂肪の分解を妨げることで、ビタミンB2が余分に使われるためです。

そのため、アルコールを飲む量を控えめにしたり、ビタミンB2が豊富なおつまみを取り入れたりして対策しましょう。

また、コーヒーのようにカフェインが含まれているものを習慣的に飲むと、眠気を感じにくくなったり、睡眠の質が悪くなったりするおそれが。

寝不足はターンオーバーの乱れにつながるため、カフェインの摂り過ぎに注意が必要です。(※5,6,24,25)

美白を叶えよう!おすすめの食べ物を使うレシピ4選

1. 鶏もも肉ときのこのトマトクリーム煮

Photo by macaroni

調理時間:20分

鶏もも肉ときのこ、トマト缶をレンジで加熱して作る、お手軽な洋風の煮込み料理です。牛乳やチーズを加えることで、クリーミーに仕上がります。

鶏もも肉には肌のターンオーバーを促進するビタミンB6が、トマト缶には抗酸化作用のあるリコピンが豊富。生のものより、加工済みのトマトにリコピンが多く含まれています。(※5,19)

2. 豚こま肉と彩り野菜の豆乳スープ

Photo by macaroni

調理時間:25分

豚こま肉やズッキーニ、パプリカなどが入る具だくさんの豆乳スープです。美しい肌作りに必要な栄養がバランスよく摂れます。

豚こま肉にはたんぱく質が、ズッキーニやパプリカにはビタミンCが豊富。いずれもコラーゲンの生成に必要な栄養素です。また、豆乳には大豆イソフラボンや鉄が多く含まれています。(※8)

3. 豚平納豆オムレツ

Photo by macaroni

調理時間:10分

美しい肌作りに重要な腸活を意識したい方におすすめな、納豆やキャベツを具材にして作るオムレツです。豚バラ肉が入るため、食べごたえがありますよ。

納豆には、善玉菌の増殖を助けたり、腐敗菌の増殖を抑えたりする納豆菌が含まれています。また、キャベツには善玉菌のエサとなる食物繊維が豊富です。(※13,26)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ