ちょうちん

ちょうちんは、「きんかん」と「ひも」からなる部位。「きんかん」は鶏の子宮に入る前の未成熟卵で、卵の殻ができる前の状態。見た目は卵黄に似た黄色で、濃厚な味わいが特徴です。「ひも」は卵が通る輸卵管のことで、コリっとした食感と淡白な味わい

きんかんとひもを一緒に串にさしたものを「ちょうちん」といい、クリーミーな食感が人気です。

油つぼ

油つぼは、鶏の尾(ぼんじり)の付け根に位置する、脂をためておく部位です。独特の風味があり、ツウ好みの味わいと言われています。ぼんじりよりも歯ごたえがあり、濃厚な味わいが特徴。風味が強いため、ねぎやしょうがなどを絡めて臭みを消して食べることも多い部位です。

とさか(かんむり)

とさかはその名のとおり、鶏のとさかの部位。「かんむり」「烏帽子」とも呼ばれます。女性に嬉しいコラーゲンが豊富な分ゼラチン質で硬さがあるため、しっかりとカリカリに焼いて食べるのが一般的。焼くとプリプリした食感になり、あっさりした味わいが楽しめます。

もみじ

もみじは、鶏の脚先の部位。見た目が樹木のもみじの葉に似ていることから、そう呼ばれます。コラーゲンのかたまりと言われるほど、コラーゲンが多く含まれているのも特徴。とさかと同様ゼラチン質で、独特のコリコリした食感が楽しめますよ。おいしいだしが出るため、スープで使うことも多い部位です。

つくね

つくねは、鶏のひき肉で作る団子のこと。むね肉やもも肉を使うのが一般的です。軟骨を入れてコリコリした食感に仕上げたり、野菜を混ぜたりとアレンジ方法が多く、肉以外の材料はさまざま。団子を作る際に手でまるく捏ねることを「つくねる」ということから「つくね」と呼ばれています。

自分の好きな焼き鳥の部位を見つけよう!

焼き鳥には驚くほどたくさんの部位があり、それぞれ味わいや食感、風味に特徴があります。定番の部位から希少部位まで、覚えておくと焼き鳥店で食べるのがもっと楽しくなりますよ。

スーパーやお肉屋さんでは手に入らないような貴重な焼き鳥も、焼き鳥専門店なら出会える可能性も。希少部位を見かけたら、ぜひ食べてみてくださいね。

【参考文献】
(2022/02/04参照)
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ