ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

焼き鳥の「しろ」はどこの部位?

※画像はイメージです
焼き鳥の「しろ」は、豚の大腸のことです。お店によっては、豚の小腸だけでなく大腸も「しろ」としてメニューにのせることがありますよ。名前の由来は白い見た目。内蔵やホルモンを意味する「もつ」から「白もつ」と呼ばれることも。

ちなみに、神奈川県厚木市のB級グルメとして知られる「シロコロホルモン」は、「しろ」をぶつ切りにして焼いた料理のことなんですよ。

焼き鳥のメニューに豚肉が使われることがある

焼き鳥=鶏肉と思われがちですが、焼き鳥メニューでは豚肉や牛肉を使ったものも一般的です。その理由は江戸時代にまでさかのぼります。当時は、小鳥を焼いた料理を「やきとり」と呼んでいたそう。近代以降に鶏や豚、牛の内蔵が食べられるようになったものの、「やきとり」の名前だけが残ったといわれています。

なお、焼き鳥文化の発展や振興に取り組む全国やきとり連絡協議会では、焼き鳥に使われる素材の定義を「鳥肉や鳥・牛・豚などの内臓」と定めています。(※1)

焼き鳥「しろ」の味わい・食感

「しろ」はぷりぷりとした独特の食感が特徴です。焼く前に下ゆですることが多いため、ホルモンにありがちなくさみはほとんどなく、食べやすいですよ。噛むごとに広がる脂の甘みはお酒のお供にぴったり。また、表面がカリカリになるまで焼いてもおいしいです。

焼き鳥「しろ」のカロリーと栄養素

「しろ」100gあたりのカロリーは、171kcalです。同量の牛小腸のカロリーは287kcalなので、しろのほうが低いことが分かります。

「しろ」には、さまざまな酵素の構成要素である亜鉛や、葉酸とともに骨髄で正常な赤血球をつくるはたらきをもつビタミンB12が豊富に含まれています。一方、脂質が多いのも特徴。脂質は血液中の中性脂肪やコレステロールを増加させるため、「しろ」の食べすぎには気をつけましょう。(※2,3,4,5,6)

まだある!「しろ」以外の焼き鳥の希少部位

※画像はイメージです
焼き鳥には「しろ」以外にも珍しい部位がたくさんあります。ここでは、焼き鳥で人気の豚の部位をご紹介します。

てっぽう

「てっぽう」は豚の直腸のこと。一頭からわずかしかとれない貴重な部位です。切り開いた形が鉄砲に似ていることから名付けられました。弾力が強く、噛みごたえのある食感。焼き鳥ではタレやみそ味で食べるのが一般的です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ