ひも

豚の小腸は「ひも」と呼ばれます。牛の小腸も同様に呼ばれることも。全体に細かいヒダが入った細長い形が特徴です。やや硬く、歯ごたえがあります。

かしら

焼き鳥では、豚の頭部のなかでも頬肉やこめかみの肉を「かしら」と呼びます。どちらも適度に動かす部位のため、赤身が多くやわらかいのが特徴。もちもちとした食感で、塩でもタレでもおいしいですよ。

がつ

「がつ」は豚の胃袋を指します。コリコリとした独特の食感と淡白な味わいが特徴です。くさみが少ないので、塩焼きの焼き鳥がおすすめ。噛むごとに旨みが口いっぱいに広がります。

あか

「あか」は肝臓(レバー)のこと。見た目が赤いことから名付けられました。レバニラ炒めに使われるのも、この部位。豚以外に、鶏のレバーも「あか」と呼ばれていますよ。牛レバーにくらべてクセがなく、しっとりとした食感が特徴です。焼き鳥ではタレで食べるのが一般的。

珍しい焼き鳥を食べてみたい!おすすめ商品3選

1. 鮒忠「国産 豚 白 もつ 串」

ITEM

鮒忠(ふなちゅう)「国産 豚 白 もつ 串」

¥2,250

内容量:串30g×50本入 原材料:豚内蔵肉(大腸・小腸) 保存方法:冷凍

※2021年9月9日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

好きな味付けで焼き鳥を!

「しろ」や「ひも」は下処理次第で味が大きく変わってしまいます。こちらは下処理済みなので、解凍して焼けばおいしい焼き鳥が作れますよ。ぷりっとした「しろ」と、歯ごたえ抜群の「ひも」は、あとをひくおいしさ。解凍後にお好みの味付けで焼いていただきましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ