ライター : 菅 智香

育児料理アドバイザー

育児料理アドバイザー、食育インストラクター。子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案。

身がふっくら「はまちの照り焼き」の作り方

Photo by 菅 智香

調理時間:15分(※漬け時間は除く)

しっかりと味が染み込んだ「はまちの照り焼き」のレシピをご紹介します。ひと晩かけてはまちにじっくり味を染み込ませ、時間をかけてゆっくり加熱することでおいしく仕上げられますよ。

このレシピのポイント

フライパンにはまちを漬け汁ごと入れて蓋をし、弱火でじっくり火を通していきます。こうすることではまちの旨味を逃さず、さらにパサつきを防げますよ。身がふっくらとしたおいしい「はまちの照り焼き」が完成します。

材料(2人分)

Photo by 菅 智香

・はまちの切り身……2切れ
・醤油……大さじ2杯
・みりん……大さじ3杯
・塩……適量
・サラダ油……大さじ1杯

作り方

1. はまちの下処理をおこなう

Photo by 菅 智香

はまちに塩をふりかけ10分ほど置いておき、流水で洗い流し、キッチンペーパーで水気をふき取ります。

2. はまちを調味料に漬ける

Photo by 菅 智香

はまちと醤油、みりんを合わせます。ときどきひっくり返しながら冷蔵庫でひと晩置きます。

3. はまちを加熱する

Photo by 菅 智香

フライパンにサラダ油を入れて熱し、2を漬け汁ごと入れて弱火で蓋をします。両面を返しながら5分ほど熱して完成です。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ