ライター : 丸山夏名美

食いしん坊ライター/料理研究家

浅草に住んでいる食べ物とお酒が大好きなライター。「食は五感だけでなく、生まれた背景や雰囲気を含めて楽しむ」という信条から、食材やレシピに加え生産者のストーリー、テーブルウェ…もっとみる

人気No.1の鍋つゆに、裏メニューがあった!?

Photo by macaroni

忙しい日でも簡単においしいお鍋が食べられるミツカンの鍋つゆシリーズ。とにかく「おいしい」「間違いない」と評判を集め、鍋つゆ市場No.1の売上を誇ります。
実はこの鍋つゆシリーズは人が感じる「味覚曲線」に徹底的にこだわり、口に入れたときの「先味」、食材を噛んでいるときの「中味」、飲み込んでからその余韻を感じる「後味」すべてがおいしくなるよう研究開発されています。

Photo by ミツカングループ

左/鍋つゆ開発担当の山中 直人さん、右/レシピ開発担当の籔 真歩子さん
鍋つゆ開発担当の山中 直人(やまなか なおひと)さんはおいしさを追求するため、数多くのテイスティングをしながら開発を進めているそう。その数は1日100回を超えることもあるとか。ヒット商品の裏には、地道な努力の積み重ねがあるのですね……。

そんなミツカンの鍋つゆシリーズですが、味が良いからこそ、実はいろいろなメニューへのアレンジが簡単にできるんです。そこで、春でも夏でもおいしく食べられる“鍋つゆを鍋以外に使った裏レシピ”を山中さんとレシピ開発担当の籔さんに教えていただきました!

鍋つゆ裏レシピ 1|ごま豆乳のマカロニグラタン

Photo by ミツカングループ

最初に教えていただいたのは「こなべっち® ごま豆乳鍋つゆ」と牛乳でベースを作るマカロニグラタン。手間暇がかからず、味もバチっと決まる。鍋つゆでグラタンが作れるとは驚きです。

――レシピのポイントを教えてください

「洋食として人気のマカロニグラタンですが、ごま豆乳で作っているのでほんのり和風に仕上がります。そのため、白いご飯など日本の日常の食卓に馴染むまろやかな味になりました。マカロニグラタンは少し面倒なイメージのある料理ですが、ベースはごま豆乳と牛乳を混ぜるだけ、マカロニは別ゆでせずにフライパンに投入するだけなので、簡単に作れると思います」(籔)

――開発者の視点で、実食してみたご感想をお願いします

「まずは、鍋つゆをグラタンに使うという発想に驚きました。グラタンは味も香りも強いメニューなので、どこまでごま豆乳のだしが馴染んでカバーできるかが鍵かな、と。結果、ほかの具材とごま豆乳のだしの旨みやまろやかさがしっかりとまとまり、おいしい仕上がりとなりました」(山中)

それでは、簡単なのにだしがきいた豪華メニュー「ごま豆乳のマカロニグラタン」の作り方をご紹介します!

材料(1人分)

・マカロニ……35g
・ベーコン……1枚(20g)
・たまねぎ……1/2個
・しめじ……1/4パック(25g)
・バター……大さじ1杯
・薄力粉……大さじ1杯
・ピザ用チーズ……適量
・粗挽き黒こしょう……適量
A 牛乳……1と1/2カップ
A こなべっち® ごま豆乳鍋つゆ……小袋1袋

作り方

1. ベーコンは短冊切りにする。たまねぎは細切りにする。しめじは石づきを落としてほぐす。A を合わせる

2. フライパンにバターを熱し、ベーコンとたまねぎを中火で炒める。たまねぎが透明になったらしめじを加え、サッと炒め合わせたら薄力粉をまぶし、全体を混ぜ合わせる

3. A を少しずつ加え、煮立ったらマカロニを加え表示時間通りに煮込む。マカロニに火が通りとろみがついたら、粗挽き黒こしょうをふる

4. 耐熱容器に 3 を入れ、ピザ用チーズをまんべんなくかけ、オーブントースターでチーズに焼き色がつくまで焼く

上手に作るコツ

加熱する際には、急激な沸きあがりを防ぐため、こまめにかき混ぜます。

鍋つゆ裏レシピ 2|炊飯器で作る 焼あごだしの和風パエリア

Photo by ミツカングループ

次に教えていただいたのはスペイン料理の代表格、パエリア。炒めて、火の調整をして……とグラタン同様に手間のかかるイメージですが、炊飯器で簡単!和とスパニッシュが融合した奥深い料理です。
――レシピのポイントを教えてください

「“焼あご”は和風のイメージのおだしですが、実はトマトとも相性が良いので、パエリアに使用してみました。パエリアはフライパンで作るとお米から炒めたり、火の調整をしたりと面倒なのですが、炊飯器で簡単にできるようにアレンジ。おこげもしっかりできて香ばしく仕上がります!さらに洋風にするために、オリーブオイルを入れるのもポイントです」(籔)

――開発者の視点で、実食してみたご感想をお願いします

「“焼あご”は私の一押しの鍋つゆなんです(笑)。すごく包容力があって、どんな具材でも引き立てることができるだしなので、試食の前からおいしいだろうと思いました。実際に食べてみると、“焼あご”自身が良い意味で主張しすぎず、だしとしてほかの素材を引き立てていたので、改めて優秀なだしだと感じました」(山中)

それでは、和風だしがしっかりとスペイン料理を引き立てる「炊飯器で作る 焼あごだしの和風パエリア」の作り方をご紹介します!
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ