ライター : 岡本翔子

占星術研究家

ロンドンにある英国占星学協会で、心理学をベースにした占星術を学ぶ。英国占星学協会会員。占星術と料理、コスメ、旅などを組み合わせたコラムを女性誌やWEBマガジンなどの連載を中心に…もっとみる

2021年のバレンタインデーは月が味方に

Photo by shutterstock

夕暮れどきにふと空を見上げて月が浮かんでいると、「あっ!月だ」と思わず声が出て、妙に心がウキウキした経験はありませんか?夜空に月を発見する瞬間、なぜか私たちの心には明かりが灯ります。

大昔から月は私たちの心と体に影響を与えてきました。月の満ち欠けのリズムは約1カ月ですが、それと同時に約1カ月かけて天にある12の星座をひと巡りするのです。ひとつの星座を約2日半かけてゆっくり進み、また次の星座へと移動していきます。

さて、もうすぐやってくるバレンタインデー。2021年2月14日、月はどの星座で輝くのでしょうか?

今年のバレンタインデーの夜、月は天の魚座空間をゆっくりと運行します。この日、月はたとえていうと“魚座色”に染まり、地上に住むすべての人にメッセージを送ります。

ここまで読んで「えっ、私は獅子座なんだけど」とか「牡羊座の私はどうすればいいの?」と思った方も多いでしょう。心配いりません。あなたがどの星座であっても、月は等しく、魚座的なエネルギーを地上に降り注ぎます。もっと簡単にいうと、その日どんな行動を取ると幸運に恵まれるかを月が教えてくれるのです。
魚座の月の日(特に月が満ちているとき)は、愛や友情を育てるのに最適!恋人やパートナーに限らず、あなたが大切に想う友だちや仕事仲間に「いつもありがとう!」と感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈れば、魚座の月が愛の魔法をかけてくれるはずですよ。

また、この日は感受性が豊かになり、あなたにとって大切な人々を「幸せにしてあげたい」という気持ちが沸き上がります。そんな気持ちをバレンタインデーのプレゼントに込めてみませんか。きっと魚座の月が、あなたの想いを相手に伝えるお手伝いをしてくれます。

バレンタインのギフトにはお酒を取り入れて

macaroni読者のみなさんなら、バレンタインデーには手作りチョコを作りたいという人も多いはず。せっかく手作りするなら、魚座の月をほんの少し意識してみてはいかがでしょうか。

魚座と関わりの深い神話といえば、ワイン作りと豊穣の神として知られるローマ神話のバッカス(これがギリシャ神話までさかのぼると、酒と酩酊の神・ディオニソスになります)。つまり、魚座とあらゆるアルコール類は、絶妙なパートナーとして知られています。

お菓子に使う洋酒といえば、ブランデー、ラム酒、キルシュなどが有名。たとえばボンボン・ショコラを作るのなら、これらのお酒をガナッシュクリームに加えてみては?香りやコクがプラスされて、甘味が単調にならず味に奥行きが出ます。

ガトー・ショコラには隠し味程度に洋酒を入れるのがおすすめです。また最近の市販のチョコレートのなかには、日本酒とのコラボレーションを謳う商品もチラホラ見かけます。日本酒好きの相手にはぴったりです。
おすすめレシピはこちら▼
甘いものが苦手という相手には、ズバリお酒を贈るのもよいでしょう。最近、日本でも生産が盛んになってきているビオワインはいかが?ビオワインは化学肥料や農薬を使わない土壌で育てたぶどうを使い、保存料も入っていないので、悪酔いしないという人が多いようです。

ビオワインのなかでも特におすすめは、ビオディナミ農法で作られたもの。ビオディナミ農法とは月の満ち欠けに従ってワインを仕込む方法で、ヨーロッパではとてもポピュラーです。なにより“魚座の月がもたらす魔法”との相性が抜群のプレゼントですね。
詳しくはこちら▼

魚貝たっぷりのメニューで暖かなバレンタインの夜を

魚座の月にちなんだ食べ物は、お酒だけではありません。アルコール全般に加え、魚全般(牡蠣、アサリ、ムール貝などの貝類も入ります)、海藻類、鰹節や昆布などを使った出汁、メープルシロップ、いちじく、栗なども魚座が支配する食べ物です。料理ではおすし、魚貝を使った鍋、ブイヤベース、スープ類、デザートではプディングやシャーベットなどが幸運をもたらします。

ちょうど2日前の2月12日は新月なので、その日から月は満ち始め、バレンタインデー当日の夕方、晴れていれば西の空に細い三日月が昇ります。

その日の夜は、家族そろって魚貝たっぷりの寄せ鍋などで暖まるのはいかがでしょう?西洋風のブイヤベースや、スープ・ド・ポアソン(フランス風魚のスープ)などもおすすめです。また手巻き寿司に、鰹節や昆布で丁寧に出汁を取ったすまし汁を添えるというのもひとつのアイデア。パートナーや家族と食卓を囲めば、きっと魚座の月がお互いを思いやるやさしい気持ちを授けてくれます。魚座の月の下では心と心がつながり、あたたかい愛情に包まれますよ。
おすすめレシピはこちら▼

バレンタインは大切な人に感謝の気持ちを捧げよう

Photo by shutterstock

最後にもうひとつ、魚座の月の日ならではの提案を。魚座は医療や福祉、アートや心理学などにも関係が深い星です。したがって魚座の月の日は、傷ついた人々を癒すやさしい気持ちが授かります。またクリエイティブな発想が宿る日でもあるんです。

まだまだコロナ禍は続いています。せっかくのバレンタインデーです。医療の最前線で奮闘している看護師さんやお医者さん、医療従事者の方々、また休みたくても休めないエッセンシャルワーカーの方々にささやかな贈り物やメッセージを用意して、感謝の気持ちを捧げてみるのはいかがでしょう。

もうすぐやってくるバレンタインデー。魚座の月の魔法を使って、大切な人々と心の絆を紡ぐすてきな一日にしてくださいね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ