ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

お酒が好きなあの人へ贈りたいチョコレート

2021年もバレンタインのシーズンがやってきました。お酒好きなお父さんや上司、または自分へのご褒美に、チョコレートバイヤーが厳選した、お酒と相性のよいチョコレートを贈るのはいかがでしょうか。

Photo by macaroni

【チョコレートバイヤーみりさん @buyer_miri 】 チョコレートバイヤー歴20年以上。「チョコで世界中を笑顔にしたい!」と世界中を飛び回り、数々のレアチョコを発掘。これまでに日本に初上陸させたチョコは約250ブランド、紹介したチョコ約500ブランド計2500種以上
「フルボディの赤ワイン、ウィスキー。こういった深い味わいのお酒とチョコレートはよくあいます」。

そう話すのは、おいしいチョコレートを求め世界各地を飛び回る、チョコレートバイヤーみりさん。そんなチョコレートのプロに、お酒にあうチョコと、上手なあわせ方を教えてもらいました。

「チョコは口溶けが命。あまり冷たい飲み物だと溶けにくくなるので、ワインであれば、冷やして飲むことが多い白よりも赤、ビールであれば、ベルギービールのような常温で飲むものとあわせるのがおすすめです。ご紹介するのはワインウイスキーにあうチョコレート。お酒とチョコのマリアージュを楽しむ、特別な時間をお過ごしください」(みりさん)

【赤ワイン】にあうチョコレート

No.1 「レーズンチョコ / シュタイン ヴァン ハウト」

「大粒のレーズンとラム酒を贅沢に使用した、まさに大人のチョコレート。手掛けるのはベルギーのショコラティエ、シュタイン ヴァンハウトさんです。お酒にあうチョコ作りを研究されています。素材が同じレーズンとワインの相性のよさは、言うまでもありません。アクセントに使用されているラム酒の香りと、ワインの樽香との芳醇なハーモニーをお楽しみください」。

No.2「ビターチョコスティック / ヴォールファート」

Photo by フェリシモ

「ドイツ・ベルリンで作られる、特別な形のチョコレート。ダークチョコレートにほんのり塩味が効いていて、ポリポリとした食感が楽しいひと品です。どんな高級ワインにもマッチする繊細な味わいは、お酒とのマリアージュを楽しむ特別な夜にぴったりですよ」。

【ウイスキー】にあうチョコレート

No.3 「クレモンティーヌ / シルヴァン マロン」

Photo by フェリシモ

「フランス出身のショコラティエが作り出すチョコレート。クレモンティーヌというフランスの小さなみかんに、ウイスキーとよくあうビターなダークチョコをたっぷりかけたひと品です。かっこよくウイスキーを嗜む、紳士へのギフトにいかがでしょう」。

No.4 「ラブレ ア ビロウ」

Photo by フェリシモ

「ベルギーで作られているチョコレート。かわいらしい小さなチョコの上に、ナッツやドライフルーツがトッピングされています。甘さ控えめでお酒と相性がよく、ウイスキーだけでなく、白ワインや赤ワインとあわせてもおいしくいただけます。おしゃれなビジュアルで、女性へのギフトにもぴったりです」。

2021年のバレンタインは、ワンランク上のチョコレートを

世界各地のとっておきチョコレートのなかでも、お酒との相性がよい4品をご紹介いただきました。贈った相手に一目置かれる、ワンランク上のチョコレートをお探しの方にぴったりです。

以下リンクのサイトでは、上記した4つを含む、みりさんが厳選したさまざまなチョコレートをご覧いただけます。 贈る相手を思い浮かべながら、チェックしてみてください!

文 / 高崎 瑞輝(macaroni編集部)
※掲載商品の情報は公開時点のものです。商品によっては売り切れの場合がありますので、あらかじめご了承ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ