ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

定番はこれ!バレンタインに作りたいおしゃれレシピ8選

1. ココアパウダーをまぶして。トリュフチョコレート

Photo by macaroni

調理時間:40分(※冷蔵庫で冷やす時間は含みません)

バレンタインのチョコレート菓子のうち、真っ先に思いつくのがトリュフチョコレート。こちらは材料3つで作る、基本のレシピです。ガナッシュはスプーンで小分けして手で丸めるため、特別な道具は使いません。ココアパウダーをまぶすと、ほろ苦く濃厚な甘さのガナッシュにぴったりです。

2. しっとり軽い口当たり。濃厚ガトーショコラ

Photo by macaroni

調理時間:60分

本命の相手にケーキをプレゼントするなら、王道のガトーショコラはいかがでしょうか。手間がかかるお菓子に感じますが、焼きっぱなしで作れますよ。外はサクサク中はしっとり。濃厚なのに軽い口当たりです。小さい丸型で焼いて、カットせずにそのままラッピングして渡すのもよいですね。

3. レストランデザートのよう。フォンダンショコラ

Photo by macaroni

調理時間:50分(※ガナッシュを冷やし固める時間、粗熱を取る時間は含みません)

中からガナッシュがとろ~りとろける、フォンダンショコラです。焼きたてはもちろん、食べるときに温めなおせば、チョコレートが溶け出しますよ。そのままでもよいですが、ホイップクリームやフルーツを添えると、お店で食べるような仕上がりに。温かいうちにいただきましょう。

4. 高級感のある味わい。ショコラテリーヌ

Photo by macaroni

調理時間:50分

チョコレート好きな甘党の方に贈るなら、濃厚なテリーヌショコラがおすすめですよ。湯煎で蒸し焼きにし、しっとり仕上げるのがおいしさの秘訣です。ビターチョコレートを使い、甘さはグラニュー糖の量で調節します。舌に絡みつくようなねっとりなめらかな味わいが、やみつきになるかも。

5. ざっくりと混ぜて。マーブル模様のパウンドケーキ

Photo by macaroni

調理時間:60分

友チョコとして配る場合や、お家でもてなすときにもおすすめな、マーブル模様のパウンドケーキです。バニラの甘さとココアのほろ苦さがたまらないひと品。2つの生地は混ぜすぎないほうが、模様がきれいに出ますよ。空気を含ませるように混ぜ合わせれば、ふんわりした仕上がりに。

6. 口当たりなめらか。チョコレートプリン

Photo by macaroni

調理時間:60分(粗熱を取る時間、冷蔵庫で冷やし固める時間は含みません)

おうちでおもてなしするなら、チョコレートプリンはいかがでしょうか。なじみのある材料4つで作れますよ。プリン液を濾すと、口当たりがなめらか。じっくりと低温で蒸し焼きするため、濃厚で上品な味に仕上がります。ホイップクリームと一緒にお皿に盛り付ければ、まるでカフェスイーツのようですね。

編集部のおすすめ