ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

今回登場する編集部メンバー

macaroni 編集部 企画ディレクター / あちゃこ
万年ダイエット宣言をしているが、おいしいものを目の前にすると一気にストッパーが外れてしまう根っからの食いしん坊。中古で購入したマンションをフルリノベーションして暮らしている。インテリアや雑貨、食器、特にキッチン道具が大好きで、気になる商品を見つけると試さずにはいられない。

まずは、あちゃこさんのライフスタイルについて教えてください

Photo by macaroni

「大学時代からの付き合いで結婚した夫と、小学4年生の息子との3人暮らしです。非常に仲の悪い姉妹ねこを2匹飼っています。本当の姉妹なのに、性格がまるで違うんです(泣)

運動大好きなメンズと運動オンチな私の共通の趣味はキャンプ。時間を見つけては真冬でもキャンプ場へ出かけます。息子は0歳のときからキャンプに連れて行っていたので、細かいことは気にしない“ザ大雑把”な性格の男子に育ちました(笑)」

平日のスケジュール

Photo by macaroni

「起床は4時半〜5時の間。家族が寝静まっている時間のほうが仕事がはかどるので、溜まっているメールを返信したり、メンバーの記事や企画をチェックしたりします。息子が起きてきたら洗濯や掃除、朝食の準備をしつつ、同時進行で夕食をひと品だけは作るようにしていますよ。

勤務時間は日によりますが、だいたい9時〜18時です。18時から夕食を作りはじめるのですが、ギリギリの時間まで仕事に没頭できるのはリモートワークのありがたい点ですね。夕食の支度をパパッと済ませたら息子を習い事先まで迎えに行き、19時半ごろから夕食です。

食器洗いや息子の宿題のチェックなどが終わると、やっとお風呂タイム。ただただボーっと過ごし、お風呂から上がるとまた少し仕事をします。もう少し自分の時間がほしいところではあるのですが、ちゃんと寝ないとアラフォーは明日に響くので(笑)、22時半ごろにはベッドに入っています。

以前、恥を忍んで『モーニングルーティン』と『ナイトルーティン』の記事を書いているので、もしよろしければ詳細は以下をご覧ください」

では本題に。毎日の献立をどう決めていますか?

Photo by macaroni

「買い物は週末にまとめ買い。大手スーパーからコストコ、業務スーパーなどを数軒ハシゴして1週間分大量買いしますね。足りないものがある場合は、木曜日あたりにちょこっと買い足すようにしています。

献立は、まったく決めないまま買い物へ。アホですね(笑)本当はちゃんと計画してから行ったほうが効率がいいのはわかっているんですが、今の私にはその時間的な余裕がない……。

なので、行った先で見つけた安いものを使って、その場でメニューを組み立てます。そういうとなんかできる主婦っぽいけれど、超ザックリですよ。たぶん、自分の中で“このメインのときは副菜はこれで、汁物はあれ!”というパターンがいくつか決まっていて、頭の中で月〜金の献立を思い浮かべながら必要なものを買い物かごにポンポン入れていくイメージです。なので、わりと独り言を言いながら買い物をしていると思います(笑)」

Photo by macaroni

「皆さん同じだと思いますが、フルタイムで仕事をしていると本当に時間がないので、平日は凝った食事は作れません。それでも何年か前までは“もっとやれるんじゃないだろうか?子どもが食べたいメニューを作ってあげたい!”とかって思っていましたが、ごめんなさい、ムリです。

なので、平日は焼くか炒めるかしたメイン、煮物かサラダ、和え物などの副菜、汁物の1汁2菜と決めています。ほぼ定食です。副菜は朝のうちにある程度仕上げておいて、夜はメインと汁物を作るだけにしています。

そのぶん、休日は思い切り家族も自分も甘やかすように。土曜日は“みんな1週間お疲れ!”ということで外食をしたり、家族でわいわい囲める鍋料理やホットプレート料理をしたりすることが多いです。日曜日は夫や息子のリクエストに応える形で、彼らの好きなものや手の込んだ食事を時間をかけて作っています(せめてもの罪滅ぼし……?)」

献立を考える際に工夫している点は?

Photo by macaroni

「まごわやさしい」食材を取り入れる

「これも以前『ナイトルーティン』の記事内で書かせてもらったのですが、『まごわやさしい』食材を取り入れた和食中心の献立を心がけています。息子を出産した病院で助産師さんに“子どもの食事をつくるようになったら、品数は少なくても『まごわやさしい』を心がけてごはん作り頑張ってね”とアドバイスをされたので、そこだけはなるべく死守したいと思っているんです。

『さ』の食材は厳密には魚のようですが、毎日お魚というのは無理があるので、マイルールでは魚の代わりに肉もオッケーとしています」
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ