ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

記事を書いたのはこの人

macaroni 編集部 ディレクター / あちゃこ
万年ダイエット宣言をしているが、おいしいものを目の前にすると一気にストッパーが外れてしまう根っからの食いしん坊。家族は夫と小学4年生の息子に、2匹の姉妹ねこ。中古で購入したマンションをフルリノベーションして暮らしている。心の癒しは月1回のキャンプと大関・貴景勝。

語れることが何もない、私のナイトルーティン

こんにちは。macaroni編集部のあちゃこです。またまたこういった企画が回ってきてしまいました。「モーニングルーティン」の記事を書くのも苦労したのに、今度は「ナイトルーティン」ですか!これは困りましたぞ。だって、記事にできそうなことが何もないんです。「ごはんつくって、食べてかたづけて、お風呂入って、テレビ見て寝る。以上!」という毎日なのですが、それでもよろしいのでしょうか……?

グダグダ言っていても仕方がないので、恥をしのんでプライベートを赤裸々につづっていきたいと思います。最後までお付き合いいただければ幸いです。

PM 6:00:ねこたちの晩ごはん、業務終了

Photo by aya fukuda

以前「モーニングルーティン」の記事でもご紹介したのですが、我が家には2匹の姉妹ねこがいます。姉の白猫ベリーは神経質でとても几帳面な性格。我が家のなかでは「ベリーは時計が読める説」があるくらい時間に正確で、6時になるやいなや「ごはんー!」と言ってすり寄ってきます。これが業務終了の合図になっているのですが、ほとんど編集Uと同じですね。もしかしてペットがいる家あるあるなのか……?

PM 6:05:夕食づくり

Photo by aya fukuda

では、集中して夕食をつくっていきますよ!朝のうちにひと品はつくってあるので、ごはん、味噌汁、主菜、和え物やサラダなどの副菜を用意します。まずは、ごはんを炊くことから。我が家には新婚当時から炊飯器がなく、ストウブでごはんを炊くようになってもう10年になります。

鍋でごはんを炊いているという話をすると、「えっ、すごい!大変じゃないの?」と驚かれることがあるのですが、まったく苦じゃないんです。料理研究家の大橋由香さんを取材させてもらったときに大橋さんもおっしゃっていましたが、火にかけてから20分ほどで簡単に炊き上がるので、炊飯器よりも時短につながるんじゃないかと。夫でも難なく炊けるくらいですから、どなたでもできると思いますよ。

Photo by aya fukuda

平日はとにかく時間がないので、メインはだいたい炒め物。息子は「今日のごはんは何?ぼく、フライが食べたいなー。ロールキャベツもいいなー」などと空気を読まない発言をしてきますが、そこは華麗にスルーです。

いつも手抜き料理なのですが、こだわっていることがひとつだけあります。それは“まごわやさしい”ごはん。出産した病院で助産師さんに「子どもの食事をつくるようになったら、品数は少なくても“まごわやさしい”を心がけてね」とアドバイスをされたため、そこだけはなるべく死守したいと思って献立を考えています。

ご存知ない方のために“まごわやさしい”をご説明させていただくと……、

ま:まめ……味噌、豆腐などの大豆類
ご:ごま……ごまなどのナッツ類
わ:わかめ……わかめやひじきなどの海藻類
や:やさい……緑黄色野菜や根菜など
さ:さかな……魚
し:しいたけ……しいたけなどのきのこ類
い:いも……ジャガイモ、サトイモなど

の食材を取り入れると、バランスの取れた食事ができるということなんだそう。毎日お魚というのは無理があるので、マイルールでは魚の代わりに肉も可としています。

PM 7:00:息子のお迎え

Photo by aya fukuda

夕食の支度をちゃちゃっと済ませたら、車で息子を迎えに行きます。息子が週に5日スイミングスクールに通っているので、平日の月火木金はお迎えの時間が発生するのです。これが非常に面倒くさいのですが、まぁ仕方ない……。いくら男子とはいえ、暗くなってくると心配ですからねぇ。でも、仕事が立て込んでいて余裕がないときは、近くに住んでいる両親にヘルプをお願いすることもあります。近居バンザイ!

PM 7:20:夕食

Photo by aya fukuda

帰宅して手洗いうがいをしたら、すぐに夕食。これまで平日の夜は息子とふたりきりということが多かったのですが、コロナ禍で夫が在宅勤務の日があるので、家族3人で夕食を囲む機会が増えました。食事はやはり家族みんなで食べるほうがおいしいですね!何かと不自由なこともありますが、家族との時間が増したのはよかったことのひとつだなぁと思います。

さてこの日は、
・鶏れんこんとサツマイモの甘辛炒め
・なすとオクラの煮浸し
・小松菜とひじきのサラダ
・なめこと豆腐の味噌汁
・白米
という献立にしました。我が家は大皿取り分けスタイル(個別スタイルだと洗い物が増えそうなので……)なのですが、夫も息子も本当によく食べる。ふたりとも好き嫌いがなく、文句も言わずになんでも食べてくれるので、その点はとても助かっています。

映画「かもめ食堂」に憧れたクチで、結婚以来いろいろな食器を集めてきました。新婚当初にiittalaやArabiaの製品を大人買いして夫にマジ切れされたことがありましたが、10年以上使い続けても割ったり、欠けたりしたことはほとんどないし、今でもかなりのお気に入りなので、非常にいい投資だったと自負しております(笑)。

和食器だと波佐見焼と益子焼が好き。益子の陶器市をいつも楽しみにしているのですが、今年はコロナの影響で秋もオンラインでの開催になるとか……。実際に食器を手に取って見て回れる生活に早く戻れるといいですよね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS