4つの主材料

Photo by macaroni

パンを作る際に、最低限必要な4つの材料をご紹介します。この4つの材料があれば、おうちでも基本的なパンを作ることが可能です!

1. 小麦粉

パンを作る際には主に強力粉を使います。パンの種類によっては薄力粉を使う場合もありますが、たんぱく質含有量の多い強力粉を使うことがほとんど。強力粉の中にもさまざまな種類がありますが、スーパーなどで売っているもの(カメリアなど)で十分においしく作れますよ。

2. パン酵母

パン作りに欠かせないパン酵母。大きく分けると「天然酵母」「イースト」の2種がありますが、初心者の方に手軽でおすすなのは、イーストです。天然酵母については奥深いので、こちらもまたいつかお話できればと思います。

イーストの中には「生イースト」「ドライイースト」「インスタントドライイースト」などの種類があります。初心者の方におすすめなのは、インスタントドライイーストです。

こねる前に発酵をさせておく予備発酵などの手間がなく、粉に直接混ぜ込んで使えます。発酵力が強いため、生地が膨らまなかった!などの失敗が少ないですよ。

3. 水

材料をひとつにまとめたり、ふんわりとしたパンを作るために必要な「グルテン」を作り出す役割があります。

少し聞きなれない言葉かもしれませんが、「グルテン」とは強力粉に含まれるたんぱく質に水を加えることでできる、網目状の組織のこと。
発酵したイースト菌はガスを出し、グルテンの力で気泡を閉じ込められて、膨らみます。グルテンはガスの気泡を包む、風船のような役割を果たしてくれるんですよ。

また水の温度によって生地温度が変わってきます。生地温度によって発酵の具合が変わってくるので、レシピに合わせた温度設定にしましょう。

4. 塩

主な役割は味付け。塩を入れることで、小麦の味や甘さを引き出してくれる効果があります。また、グルテンを引き締める作用、発酵を抑制する作用があるので、生地が扱いやすくなりますよ。

4つの副材料

Photo by macaroni

副材料は、パン作りのバリエーションを広げるための材料です。発酵を助けたり、味、食感、焼き色を良くしたりするために使います。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ