ライター : macaroni 料理家 えも

調理師

元料理教室講師。現在はmacaroniの料理家として活動しています。食べることとお酒を飲むことが大好き。お菓子作りとイタリアンが得意。

ご当地レシピで旅行気分を味わおう♪

調理師
macaroni 料理家 えも

こんにちはmacaroni料理家のえもです!
夏もあっという間に終わりを迎え、朝夕と気温が下がり秋に近付いてきましたね。今年の夏は新型コロナウイルスの影響もあり、旅行にもなかなかいけない状況だったと思います。私も毎年連休で旅行に行くのを楽しみにしていたので、少し残念でした。

今回は、そんな残念な気持ちを打ち払うべく、macaroni料理家が考案した「ご当地レシピ」を地域ごとにご紹介します。ご家族や友人、みんなで料理をして、おうちで手軽に旅行気分を味わいましょう♪

1. 【北海道】フライパンで。鮭のちゃんちゃん焼き

Photo by macaroni

調理時間:15分
鮭と野菜を味噌味で焼くちゃんちゃん焼きは、ホットプレートで作ることが多いですが、こちらのレシピならフライパンで簡単に作れますよ。野菜の甘みと鮭の旨み、味噌の風味が三位一体となり、ごはんもお酒も進みます。キャベツは最後に加えてシャキシャキ感を楽しむのがポイントですよ。

2. 【北海道】コク旨!石狩鍋

Photo by macaroni

調理時間:20分
石狩鍋は、味噌×バターの風味が抜群のひと品。鮭の旨みや野菜の風味がスープに染みわたり、奥深い味わいを堪能できますよ。バターのコクも良いアクセント。鮭はお好みでアラを使うと、骨から出汁が出てさらにおいしさがアップします。

3. 【秋田】お手軽♪ きりたんぽ風鍋

Photo by macaroni

調理時間:20分
きりたんぽは、つぶしたごはんを棒に巻き付けて焼くのが一般的。しかしこちらのレシピでは、棒を使わず俵型に丸めるので、とても簡単ですよ。具材にささがきごぼうを加えると、風味豊かな味わいに仕上がります。きりたんぽはスープを吸うと崩れやすいため、さっと温める程度にするのが、おいしさの秘訣。

4. 【山形】キムチ入り!山形のだし風

Photo by macaroni

調理時間:15分 ※なじませる時間は含みません
香味野菜たっぷりの“だし”は、ごはんのお供にぴったりな山形県の郷土料理。こちらのレシピは、キムチを加えてアレンジします。シャキシャキの野菜とキムチの辛さがベストマッチ。ごはんにのせたり、冷奴にのせたり……、多めに作ってもあっという間に食べ切ってしまいますよ。

5. 【長野】豪快!鶏もも肉の山賊焼き

Photo by macaroni

調理時間:15分 ※お肉を漬け込む時間は含みません。
鶏もも肉を1枚丸ごと揚げる山賊焼きは、ダイナミックな見た目が特徴のおかず。長野ではおつまみとしても人気のひと品なんですよ。カラリと火を通すコツは、揚げ温度。初めは中温で、仕上げは高温にするとお店のような食感に仕上がりますよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS