睡眠

ストレスを和らげる生活習慣のなかでも、睡眠がもっとも重要です。寝不足が続いて脳が休息できないと、脳の機能が落ちてイライラしがちに。入浴や運動など快眠習慣を心がけ、眠りの質を高めましょう。

また、睡眠中に脳は情報の整理をおこない、記憶するべきものとそうでないものをわけています。ここでイライラやストレスにつながる感情を忘れさせますよ。(※2,13,17)

ストレスを和らげる食べ物を使うおすすめレシピ6選

1. サバ缶としめじの和風パエリア

Photo by macaroni

生の米をフライパンで炒めて作るパエリアです。サバ缶には、神経細胞を守る「DHA」や「EPA」が豊富。缶の汁を捨てずに使うレシピなので、汁に含まれるDHAやEPAを無駄なく摂れます。また、しめじには心理ストレスを減らすのに役立つ「GABA」が含まれていますよ。(※7,14)

2. ベーコンとほうれん草のミルクチーズスープ

Photo by macaroni

ほうれん草とチーズを加えて仕上げる、ミルクスープのレシピです。脳神経の興奮を抑える作用がある「カルシウム」が豊富な食べ物をたっぷり摂れます。牛乳に含まれる「CPP」というたんぱく質が、カルシウムの吸収を促してくれますよ。(※3,9)

3. アボカドとマグロのユッケ

Photo by macaroni

アボカドとマグロをピリ辛の合わせ調味料で和えて作る、簡単おつまみレシピです。マグロには、精神を安定させるセロトニンの材料となる「トリプトファン」が多く含まれています。また、アボカドには、セロトニン合成に関わる「ビタミンB6」が豊富ですよ。(※13)

4. ベビーホタテとパプリカのオリーブオイル漬け

Photo by macaroni

ベビーホタテをオリーブオイルで煮込み、パプリカを加えて仕上げるおしゃれなひと品です。パプリカには、抗ストレスホルモンであるアドレナリンの材料となる「ビタミンC」が豊富。また、ベビーホタテには、神経伝達物質の生成に必要な「たんぱく質」が多く含まれていますよ。(※5,10)

5. マンゴーとココナッツバナナのスムージー

Photo by macaroni

二層の彩りが美しい、フルーツたっぷりのスムージーです。1層目にはバナナを加えるため、セロトニン生成に必要な「トリプトファン」や「ビタミンB6」が摂れます。また、2層目には、「ビタミンC」が豊富なマンゴーとパインジュースを使います。ストレス対策に役立つさまざまな栄養が摂れるレシピです。(※5,13)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ