ラスクの選び方、食べ方を工夫すればダイエット中でも食べられる!

保存可能でおやつに重宝されるラスク。しかし、たっぷりシュガー&バターやチョコレートなど、濃厚なフレーバータイプはカロリーが高くなるので、注意が必要です。

ラスクは、余ったパンやパンの耳、お麩などの材料で手作りも可能。カロリーをコントロールして、おやつタイムを楽しんでみてください。
【参考文献】
※2 新ビジュアル食品成分表 新訂第二版 大修館書店
(2020/09/01参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ