ライター : Raico

製菓衛生師 / スイーツ&フードアナリスト / フードライター

情報誌の編集・ライターとして出版社に勤務後、パティシエとしてホテル・洋菓子店・カフェレストランにて修業を重ね、デザート商品開発に携わる。一方でフードコーディネーター、ラッピ…もっとみる

砂糖で煮るだけ!あんずジャム(アプリコットジャム)の作り方(調理時間:30分)

Photo by Raico

※砂糖に漬けておく時間は除く
あんずは生のまま食べると酸味が強いですが、加工すると食べやすくなります。さらに、ジャムにすると甘酸っぱさと奥行きのある味わいが楽しめますよ。生の状態では傷みが早く、出回る期間が短くて量も少ないフルーツなので、手に入れたらすぐ加工するのがおすすめです。

材料(あんず約3個分)

Photo by Raico

・あんず……正味330g
・砂糖……200g

上手に作るためのコツ

ジャムにとろみが付いているのは、「ペクチン」の働きによるものです。あんずの果肉にはペクチンが少ないため、皮を付けたまま煮込みます。

ジャムを作る際は、果物の酸に負けないようステンレスやホーロー、銅製の鍋を使いましょう。アルミの鍋は化学反応が起きて溶け出してしまうため、ジャム作りには向いていません。

また砂糖の量は、果実に対して4~6割程度が目安です。長期保存をする場合は、砂糖を6割以上加えましょう。使用するフルーツの酸味にもよるため、とろみがついてきたら味見をして、酸味が強いようなら砂糖を加えて調節してみてください。

下準備

Photo by Raico

あんずはよく洗い、溝が付いている部分に沿ってナイフをくるりと一周入れます。

Photo by Raico

果肉を少し回して、あんずを2つに割ります。

Photo by Raico

種が付いている方のあんずは、さらに皮の方から縦半分に種に当たるまでナイフを入れます。

Photo by Raico

果肉を少し回して、種を取り出します。取りきれない場合は、種のまわりに包丁の刃を入れると、取ることができますよ。ジャムにする場合は、皮付きのままでOK。1/4にカットし、実が大きいようならさらに半分に切りましょう。

Photo by Raico

保存用の瓶は熱湯で煮沸して乾かし、水分をよく拭き取っておきます。

作り方

1. あんずに砂糖をまぶす

Photo by Raico

ステンレスやホーローなどの鍋にあんずと砂糖を入れて混ぜ合わせ、2時間ほど置いてあんずの水分を出します。

2. あんずを煮る

Photo by Raico

1を中火にかけて、煮ていきます。鍋底が焦げないようにゴムべらや木べらで混ぜながら、15分ほど煮詰めます。アクが気になるようなら、取り除きましょう。

特集

FEATURE CONTENTS