トースター・魚焼きグリルで作る方法

トースターで作る場合

アルミホイルに包んだ枝豆を、1000~1300Wで10分ほど加熱します。お好みで、加熱後にアルミホイルを開けてさらに1~2分加熱すると、焼き色がついて香ばしさがアップしますよ。

トースターによって加熱時間が異なるので、枝豆が焼けているか確認しながら調節してください。

魚焼きグリルで作る場合

両面焼きグリルの場合、アルミホイルに包んだ枝豆を中火で10分ほど焼いて完成です。片面焼きグリルを使う場合は、中火で5分加熱したら上下を返し、さらに5分焼きましょう。

また、アルミホイルの上に枝豆をのせたら、包まずそのまま8~10分焼く方法もあります。

いろんな味で♪ おすすめアレンジ3選

1. イタリアン風枝豆

Photo by Uli

オリーブオイルとにんにくのみじん切り、塩をまぶして焼きます。仕上げにガーリックチップや黒こしょうをかければ、華やかな見た目の枝豆おつまみに!ワインと相性抜群で、おしゃれな食卓にぴったりです。

2. しょうゆバター枝豆

Photo by Uli

塩をまぶした枝豆に、しょうゆをまわしかけ、適量のバターをのせて焼きましょう。バターをこまかく切ってのせると、枝豆全体に絡まりやすくなります。濃厚なバターのうまみと、しょうゆの香りがたまりませんよ。

3. 中華風ピリ辛枝豆

Photo by Uli

塩とごま油をまぶして焼くだけで、中華風のひと品になります。ごま油の風味が食欲をそそり、手が止まらなくなってしまうかも。ラー油や七味唐辛子をふりかけて、ピリ辛に仕上げるのもおすすめです。

枝豆のホイル焼きはさまざまなシーンで大活躍

Photo by Uli

枝豆のホイル焼きは、どんな食卓にも合わせられる、優秀な副菜です。シンプルな塩味はもちろん、イタリアンや中華風など、お好みの味付けでアレンジをお楽しみください。

また、簡単にできて洗い物が少なくすむ手軽さも、ホイル焼きの魅力!晩酌のお供や、ちょっとした軽食にも活用しましょう。お好みのドリンクと枝豆のホイル焼きを用意してゆっくり過ごせば、贅沢なおうち時間になりますよ。

編集部のおすすめ