甘酒

甘酒は、「飲む点滴」と言われるほど栄養豊富な食材です。水分・塩分・糖分がバランスよく含まれており、失われた栄養素を補給するのにぴったりですよ。寒い時期に温めて飲むイメージがありますが、夏には冷やした「冷やし甘酒」がおすすめです。(※3)

熱中症を対策するには水分補給も大切

おすすめの種類

日常の水分補給には、利尿作用がない水や麦茶などがおすすめです。しかし、暑さが厳しい日の屋外作業や運動の際は、素早く水分を吸収できる、スポーツドリンクや経口補水液(けいこうほすいえき)が良いでしょう。経口補水液には、汗をかいたときに失われがちな電解質やミネラルが含まれます。

スポーツドリンクはエネルギー補給の目的で糖分が多く含まており、摂りすぎには注意が必要です。(※7,8)

取り入れる量

一日に必要な水分量は、生活活動レベルが低い人で2.3~2.5L、高い人で3.3~3.5Lと言われています。また、一日に必要な水分量のなかで食事からの水分摂取は約20~30%、飲み物からは約70~80%とされており、食事以外から必要な水分摂取量が多いことが分かります。意外と多いので、意識して十分に摂るようにしましょう。(※9)

取り入れるタイミング

水分補給のタイミングは、のどの渇きを感じてからだと遅いといわれています。のどが渇くということは、脱水がはじまったサイン。気が付いたときにこまめに水分補給するようにしましょう。

また、のどの渇きを感じづらい高齢者や、体の水分量が多い乳幼児はさらに注意が必要です。気をつけて水分補給をするようにしましょう。(※9)

熱中症が起こる原因も知っておこう

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ