ライター : 青木貴子

管理栄養士

フードスペシャリスト・全米YOGAアライアンスRYT200時間修了。短期大学にて栄養士の資格を取得。卒業後、4年制大学に編入し、食に関する知識を深めました。その後、保育園の栄養士とし…もっとみる

熱中症を対策する食べ物について

この記事では熱中症を対策する食べ物を紹介しますが、これだけ食べていれば熱中症にならないというわけではありません。まずは規則正しい食生活や生活習慣、正しい水分補給などを意識することが大切です。

そのうえで、熱中症を対策できる食べ物を取り入れて、暑さと上手に付き合っていきましょう。水分補給についても紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

きゅうり

きゅうりにはカリウムが豊富に含まれています。体内の水分調節や余分な塩分を排出するはたらきのあるカリウムは、不足することはめったにありません。しかし、汗と一緒に体の外に出てしまうので意識して摂りたい栄養素です。また、きゅうりには多くの水分が含まれているので、水分補給としてもぴったりの食材ですよ。(※1,2)

トマト

トマトにも水分とカリウムが豊富に含まれています。食材から手軽に水分補給ができるのはうれしいですね。

また、トマトにはビタミンCも含まれています。ビタミンCは体の抵抗力を高めてくれる栄養素で、熱中症対策としても摂りたい成分ですよ。(※3,4)

スイカ

スイカは水分含有量が多く、熱中症対策として取り入れたい食材です。水分と糖分、ミネラルのバランスが良く、少し食塩を加えるとスポーツドリンクと同じような働きが期待できます。

食欲が落ちているときでも、冷たいスイカなら食べやすいですね。スーパーでカットされたものが売られているので、手軽に食べられるのも魅力的です。(※5)

梅干し

梅干しには塩分が多く含まれていて、汗や尿で体外へ出て行ってしまうナトリウムを補うのにちょうど良い食材です。しかし、食べすぎは塩分の過剰摂取につながるので、注意しましょう。また、酸味のある食材は、食欲を増進させるはたらきがあります。暑さで食欲がなかなか出ないときにおすすめですよ。(※3,6)

味噌汁

普段の食卓にならぶ機会の多い味噌汁は、塩分、水分が同時に摂れるため、熱中症対策にうってつけの料理です。温かい料理は、気温が高い時期には避けがちですが、少し冷まして食べたり、冷や汁にするなどの工夫をすると良いですね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS