激辛はもってのほか!

スパイスをふんだんに使った、激辛のカレーは厳禁です。例えば唐辛子を大量に使って、辛味成分であるカプサイシンを過剰摂取すると、粘膜が痛んで胃腸が荒れることも。(※1)激辛グルメが好きという方でも、妊娠中は抑えるようにしてくださいね。

痔がある人は控える

基本的には食べてもOKなカレーですが、痔の症状がある方は、刺激により悪化のおそれがあるため、食べるのを控えたほうがいいでしょう。

カレーを作るときのポイント

妊娠中にカレーを食べるなら、自分でアレンジができる手作りがおすすめ。以下に、作る際のポイントをまとめてみました。

カレールウではなくカレー粉を使う

使ってはいけないわけではありませんが、市販のカレールウには塩分や脂質が比較的多く含まれています。もし体調に余裕があるのであれば、カレールウではなくカレー粉を使って作るのがいいでしょう。

野菜をたっぷり入れる

食べられるものが限られてくる妊娠中、栄養補給と思っても、なかなか野菜が食べられないということがあると思います。 そんなときは、食べられるものに混ぜていただきましょう!カレーは具材を選ばない料理なので、細かくカットしたりすりおろしたりして、野菜たっぷりのカレーを作って栄養を摂取できるといいですね。

妊婦さんにおすすめのカレーレシピ5選

1. 和風カレー

Photo by macaroni

みりんやめんつゆ、生姜を使って、和風に仕上げられたカレーのレシピです。辛さは控えめなので、お子様でも食べやすいはず。レシピでは豚バラ肉を使っていますが、脂質を抑えるなら細切れ肉などがおすすめですよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ