妊婦さんは気をつけて!ウーロン茶のカフェイン量と体への影響

カフェインが入っている飲み物といえば、コーヒー?紅茶?実は、ウーロン茶にも含まれているんです!妊婦さんにとっても重要なことなので、きちんと知識を持っておきましょう。今回はウーロン茶に含まれるカフェイン量と併せて、体への影響もまとめました。

ウーロン茶のカフェイン量

ウーロン茶のカフェイン量は、100mlあたり約20mg。コップ1杯200mlとして、一回に40mg摂取する計算になりますね。

コーヒーとの比較

カフェインが多いと言われているコーヒーと、カフェイン量を比較してみましょう。

コーヒーのカフェイン含有量は、100mlあたり60mg。なんと、その差は3倍!カフェインの入った飲料を飲むのであれば、ウーロン茶のほうがあまり神経質にならずに飲めそうですね。

一日のカフェイン摂取量

日本ではまだ明確な目安量は決まっていませんが、欧州食品安全機関(EFSA)では、成人だと一日あたり400mg以下であれば問題ないと発表されています。ウーロン茶で計算すると一日コップ10杯

しかし、これはあくまで目安の数字です。カフェインの人体における影響は個人差が大きいので、控えめにしておくにこしたことはありません。

カフェインのメリット&デメリット

メリット:眠気覚まし

脳には、睡眠を促す物質とそれを受け取る受容体とがあり、そのふたつが結びつくことによって眠気を感じてしまいます。カフェインを摂取すると、眠気物質の代わりにカフェインと受容体が結びつき、眠気を覚ますことにつながります。

デメリット:過剰摂取による下痢や腹痛

カフェインは過剰摂取により、さまざまな器官を刺激してしまいます。そのなかでも消化器官が刺激を受けると、下痢や吐き気、嘔吐につながる恐れもあります。特に空腹時にカフェインを摂取すると刺激を受けやすいので、気をつけてくださいね。

ウーロン茶が妊婦に与える影響

胎盤で赤ちゃんとつながっている妊婦さんにとっては、カフェインは注意したい成分のひとつ。カフェインの過剰摂取による影響は、低出生体重児や障害などが挙げられます。万が一を考え、カフェインの入った飲料はなるべく控えたほうがいいでしょう。これは、赤ちゃんに母乳を与える授乳期も同様です。

しかしそれほど神経質になる必要もなく、世界保健機構(WHO)によると、妊婦さんは一日に250〜330mgほどであれば、カフェインを摂取しても問題ないとされています。気を遣いすぎてストレスを溜めすぎないよう、注意してくださいね。

子どもも要注意

小さなお子さんは大人と比べて感受性が強いので、カフェインの興奮作用が長時間続いてしまいます。興奮していればもちろん睡眠時間が減りますし、成長期のお子さんには悪影響といえるでしょう。

欧州や豪州、ニュージーランドでは、体重1kgあたり3mgなら問題ないとされていますが、明らかにカフェインが含まれていると分かる飲み物に関しては、控えるのがベターですね。

ウーロン茶はカウェイン入りと知っておこう

ソフトドリンクの定番である、ウーロン茶。今までカフェインを意識しながら飲んでたという方は、少ないかもしれませんね。しかし、せっかくおいしく飲んでいたのに体調を崩してしまっては、おいしさも半減してしまいます。

カフェインの悪い効果を出さないためにも、ウーロン茶はカフェイン入りだと知っておきましょう。
▼コーヒーのカフェインについても知っておこう
▼ノンカフェインドリンクを楽しんで◎

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

milkpop

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう