ライター : 相羽 舞

管理栄養士

大学卒業後、保育園にて勤務し離乳食と幼児食の献立作成や調理を経験。現在は4歳と2歳の兄弟を大騒ぎで子育て中です。専門的な内容でもわかりやすい記事を目指して執筆しています。

カフェインの一日摂取目安量は?

カフェインの摂取は、適量であれば問題はないものの、過剰に摂取した場合に健康に影響を及ぼす可能性があるとされています。日本では、カフェインの感受性には個人差があるため、一日あたりの摂取許容量は設けられていません。しかし世界各国の機関においては、摂取目安量が設定されています。

カナダ保健省および欧州食品安全機関(EFSA)では、健康な成人で、一日400mg以下の摂取であれば健康に影響を与えないとしています。

一日あたり、コーヒーならマグカップ(237ml)約3杯、紅茶ならマグカップ(237ml)約6杯、コーラなら355ml缶8~10本、煎茶なら湯のみ(約150ml)13杯程度が目安です。(※1,2)

※あくまでカフェイン含有量のみを考慮した場合の目安量です。飲みすぎには注意しましょう。

カフェインの効果3つ

眠気覚まし

眠気を覚ますために、コーヒーを飲む人は多いのではないでしょうか。適量のカフェインは眠気を覚まし、頭をすっきりとさせるのに役立ちますよ。そのため、エナジードリンクや眠気覚まし用のドリンクにもカフェインが含まれています。(※1)

集中力を高める

カフェインには集中力や注意力を向上させる作用があります。カフェインを摂取したあとには、テストへの反応時間が短くなり、認知機能がアップするという実験結果がありますよ。ヨーロッパでは科学的根拠があると認められているはたらきです。(※3)

脂肪燃焼を促す

カフェインには、基礎代謝を高める、体内で熱産生を促すといったはたらきがあります。マウスにおける実験では、カフェインの摂取により熱放出の増加がみられたとの報告がありますよ。このことから、カフェインが脂肪の燃焼を促し、体内への蓄積を抑える可能性があると考えられています。(※3,4)

カフェイン含有量が多い飲み物ランキング

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ