ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養学…もっとみる

アルコールのカロリーを比較

アルコールのカロリーを比較してみましょう。

・ウイスキー シングル(約30ml)……約70kcal
・ワイン グラス1杯(約100ml)……約70kcal
・チューハイ・カクテル 1缶(約350ml)……約90〜200kcal
・ビール 中ジョッキ1杯(約500ml)……約200kcal
・日本酒 1合(約180ml)……約200kcal

ビールや日本酒はカロリーが高い傾向にあります。チューハイやカクテルは商品によってカロリーが異なるため、栄養成分表示を確認しましょう。ワインやウイスキーは比較的低カロリーですが、何杯も飲むとカロリーを摂り過ぎるおそれがあります。(※1)

アルコールで太る原因

アルコールを過剰に摂ると中性脂質として体内に蓄積されるうえに、脂肪の分解が抑制されます。過剰摂取は肥満の原因となるため、飲酒量には注意が必要です。

さらに、清酒やビールには糖質が多く含まれています。糖質を摂り過ぎると、体内に脂肪として蓄えられてしまうおそれが。飲酒する際は、糖質の少ないウイスキーや、焼酎などを選ぶのがおすすめです。

また、アルコールには食欲を促す作用があるため、過食につながる場合があります。飲酒量を調整するとともに、おつまみの食べ過ぎにも注意しましょう。(※2,3,4,5,6)

アルコールのカロリーを消費するのに必要な運動量は?

ビール中ジョッキ(約200kcal)と同じエネルギー(カロリー)を消費するには、運動量はどれくらい必要なのでしょうか。体重60kgの場合、軽いジョギングで約40分、水泳であれば約30分、ウォーキングであれば約1時間程度の運動が必要になります。

アルコールでとったカロリーを運動で消費するなら、ウォーキングのような軽めの運動がおすすめです。ジョギングは体への負担がやや高く、短い時間でも辛くなる場合があります。軽めの運動であるウォーキングは、長い時間続けても辛くないため、負担も少なく取り組めますよ。(※1,7)

ダイエット中のアルコールは適量を意識

一日に摂ってよいアルコールの目安量は、純アルコールで20gです。女性や高齢者はアルコールの分解速度が遅いため、量を控えるようにしましょう。ダイエット中はアルコールのカロリーを意識することに加え、アルコールの適量を守ることが大切です。

・ウイスキー:シングル2杯(60ml)まで
・ビール:ロング缶1缶(500ml)まで
・ワイン:グラス2杯弱(200ml)まで
・日本酒:1杯(160ml)まで
・チューハイ:1缶(350ml)まで(※8,9)

ダイエット中におすすめ!アルコールの種類

ダイエット中は糖質量が少ないアルコールがおすすめです。前述したように、糖質を摂り過ぎると身体に脂肪として蓄積されるため、肥満につながってしまいます。ダイエット中に飲酒する場合は、比較的糖質量が少ないハイボールや焼酎、ワインを選ぶとよいでしょう。

ビールや日本酒には糖質が多く含まれますが、それ以上に気を付けたいのが梅酒やリキュールなどの混成酒。製造時に糖分が添加されているため、高糖質です。カクテルにはジュースも使われるため、ダイエット中は控えましょう。(※2,5)

アルコールだけじゃない!ダイエット中はおつまみにも注意

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ