9. 盛り付ける

Photo by leiamama

器に青じそを敷き、なめろうを盛りつけます。柚子の皮を刻んでトッピングすると、生臭さがおさえられますよ。

なめろうが余ったらコレ!おすすめリメイク5選

1. なめろうを焼くだけ!「鯵のさんが焼き」

なめろうには下味がしっかりついているので、生はもちろん、そのまま焼いてもおいしいんです。みその焦げる香りが食欲をそそります。みょうがや大葉を器がわりにすれば、見た目もおしゃれ♪ 日本酒のアテにおすすめです。

2. サクッと香ばしい「なめろうの大根はさみ揚げ」

大根ではさみ揚げしたなめろうは、噛んだ瞬間に大葉の香りと大根の食感が楽しめます。大根からはがれ落ちないように、なめろうは薬味としっかり混ぜ合わせるのがポイント。カラリと揚げて、塩でさっぱりと召し上がってください。

3. なめろうとチーズの「ブルスケッタ」

あらかじめチーズをのせてトーストしたバゲットに、なめろうをトッピングするだけ。あっという間に赤ワインにピッタリのおつまみが完成です。味も見た目もオシャレなブルスケッタは、ホームパーティーにいかがでしょうか。

4. お弁当のおかずにピッタリ「なめろうバーグ」

余ったなめろうを丸めたら、フライパンで焼き目をつけてハンバーグにします。小ぶりに作れば、お弁当のおかずにちょうどいい♪ 甘めのしょうゆダレをからめると、青魚が苦手なお子さんも大好物のおかずになりそうですね。

5. パルミジャーノレッジャーノたっぷり「鯵のイタリアンなめろう」

なめろうにパルミジャーノレッジャーノをたっぷり混ぜると、イタリアンに変身。仕上げにオリーブオイルとパルミジャーノをかければ、白ワインがすすみます。パスタと一緒に、休日のブランチでいただくのがおすすめ!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS