ライター : とも花

夫と息子ふたりとわたしの4人暮らし。家族が喜ぶ料理を作るために日々レシピの研究をしています。

薬味でさわやか。旨味たっぷりあじのたたき(調理時間:10分)

Photo by とも花

おしゃれな小料理屋さんで出てくるような、お酒のアテにもごはんのおかずにもなるひと品。刺身用あじを使えば、手軽においしく作れますよ。

お刺身となめろうの間とも言える、あじの身のプリプリした食感も、薬味と一体化した旨味もどちらも楽しめるレシピです。おうちでぜひ、味わってみてください。

材料(2人分)

Photo by とも花

・刺身用あじ(3枚におろしたもの)……100g
・薬味ネギ……2、3本
・生姜……ひとかけ
・大葉……6枚

コツ・ポイント

Photo by とも花

薬味を用意している間、あじは冷蔵庫に、あればチルドルームに入れておきましょう。お刺身やたたきは、ひんやりしているほうがおいしく感じられます。生ぬるくならないように手早く仕上げ、盛り付け用のお皿も冷蔵庫で冷やしておきましょう。

あじは食感が残るように、軽めにたたくのがコツ。あじの身の弾力が感じられ、薬味と適度になじんでいるのがおいしくいただけるポイントです。

作り方

1. 薬味を刻む

Photo by とも花

薬味ネギは端から小口切りにします。長さを3等分ほどにして束にすると、切りやすいですよ。あじと一緒にたたくのとは別に、全量の1/4程度を仕上げ用に取り分けておきます。

Photo by とも花

生姜はまず、皮をスプーンで軽くこそぎおとしましょう。1mm角ほどの細かなみじん切りにすると、繊維が断ち切られて口当たりがよくなりますよ。時間がないときには、すりおろしでも構いませんが、繊維に垂直になるようにおろし金をあてておろしてください。

Photo by とも花

大葉は盛り付け用に2枚をとり、残り4枚は茎を切り落として千切りにします。端からくるくると巻くと、厚みがでて切りやすくなりますよ。切ったあとは水にさらしてアクを抜きます。こうすることで葉がばらけてほぐれやすくなります。ざるに揚げ、よく水気を切っておきましょう。

2. あじの身を切り、軽くたたく

Photo by とも花

刺身用あじは、端から5mm幅に切ります。尾に近い部分は少し固いので、心持ち細めに切りましょう。

Photo by とも花

あじの身をすべて切り終えたら、全体を軽くたたきます。あじの大きさは、まちまちでも大丈夫。さまざまな食感が楽しめ、おいしさのポイントになりますよ。

3. あじの身と薬味を合わせてたたく

Photo by とも花

包丁でたたきながら薬味をあじと混ぜ合わせます。ここであまりたたきすぎないようにしましょう。全体がなじんだらOKです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS