絶対食べたいアジア料理を一挙に大紹介!おすすめレシピ25選

アジア料理をもっと身近に感じてみませんか?意外と簡単に作れるものが多く、日常のお食事はもちろん、エキゾチックで華やかな雰囲気のものは、おもてなしのおしゃれなひと品としてもピッタリです。主食やおかず、スイーツで旅気分を味わっちゃいましょう♪

2018年11月2日 更新

多彩な魅力がいっぱいのアジア料理

アジア=どんな地域のこと?

一般的なアジアの範囲は、ユーラシア大陸のヨーロッパ以外の地域のことをいいます。私たちが住んでいる日本は、中国・韓国・マカオと同じ東アジア。ほかにもインドネシア・シンガポール・タイ・ベトナムなどの東南アジア、インド・スリランカ・ネパールなどの南アジア、チベットやモンゴルなどの中央アジア……というように分類されています。

今回の記事では身近な東アジアを飛び出して、東南アジアや南アジアのお料理を中心にご紹介させていただきますね♪

どうして食文化が多彩?

ユーラシア大陸の約80%の面積を占め、その広い範囲のなかに48もの国が集まっているアジア。その食文化はとても多彩で、各国同士で影響を与えたり与えられたりしながら、独自のものを作り上げてきました。

日本国内でも江戸料理と京料理では味付けが大きく変わったり、沖縄料理がまったく独特のものだったりするように、同じ国の中で地域によって大きなが違い見られるところも少なくありません。

ごはんもパンも麺も!主食系アジア料理レシピ5選

1. 丁寧&本格派「チキンフォー」

ベトナムでは朝から夜まで食べられている、つるっとした食感のライスヌードル「フォー」のレシピです。鶏もも肉のゆで汁をそのまま使うので、旨みたっぷりのスープが楽しめます。お好みの具材をたっぷりトッピングして食べましょう。赤唐辛子の酢漬けを多めに作っておくと、ほかのアジア料理にも使いまわせて便利ですよ。
1 / 8

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

goofy_2s

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう