異なる3パターンを伝授!「アジ」の基本のさばき方

旬の季節まっただ中のアジ。お家でさばけたらとてもいいですよね。今回は、刺身やムニエルなど使い勝手のよい3枚おろし・フライに最適の片開き・とっても簡単な塩焼き用の3通り解説します。はじめての人もぜひチャレンジしてみてくださいね。

準備するものと下処理

下処理のあとキッチンペーパーで水けを取っている様子

Photo by lanne_mm

準備するもの

・包丁(あれば出刃包丁)
・まな板
・骨抜きピンセット
・うろこ取り
・新聞紙などいらない紙

下処理

1. うろこを取る

まな板に紙をしきせいごを包丁でそぎ落とす

Photo by lanne_mm

まな板に新聞紙やクッキングシートなどいらない紙をしいてください。まな板を汚さずそのまま捨てることができるので便利です。

アジをおき、まずはせいごを取ります。尾のつけ根から包丁を入れ、前後に包丁を細かく動かしながらそぎおとしましょう。親指のあたりまででOKです。

その先にも少しうろこがありますので、包丁やうろこ取りでこさぐようにして取ってください。

2. 頭を取る

胸びれの下に包丁を入れている

Photo by lanne_mm

胸びれの下から腹びれまでのラインで包丁を入れ、頭をいっきに切り落とします。

3. 腹を切る

腹を尻びれまで包丁で切りこみを入れる

Photo by lanne_mm

アジの腹に尻びれの部分まで切込みを入れましょう。

4. 内臓を取る

アジの腹を広げて包丁の腹で内臓をかき出す

Photo by lanne_mm

手で腹を広げ、包丁の腹を使って内臓をかき出します。

5. 洗う

ボウルに水を入れ、流水でアジの血や内臓を洗い流す。

Photo by lanne_mm

水をはったボウルの中で、アジの血や内臓を流水できれいに洗います。キッチンペーパーで水けをしっかり取りましょう。

お刺身に!アジのさばき方(3枚おろし)

お皿に並べたアジの3枚おろし

Photo by lanne_mm

3枚おろしは、アジを右の身と左の身、中骨の3つに切り分ける方法です。お刺身のほかに、ムニエルやフライ、南蛮漬け、竜田揚げなど骨を気にせずそのまま食べられる料理に使います。

1番基本となるさばき方で、サバや鯛などアジ以外の魚にも使えるので、ぜひマスターしましょう。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

lanne_mm

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう