ライター : とも花

夫と息子ふたりとわたしの4人暮らし。家族が喜ぶ料理を作るために日々レシピの研究をしています。

パリパリ骨せんべいの作り方(調理時間:25分)

Photo by とも花

三枚おろしで残ったあじの中骨をおいしく活用♪ パリッ、サクッの歯触りが楽しいひと品です。スナック感覚でいただける、香ばしさも魅力。魚の旨味が引き立つよう、シンプルな塩味で仕上げています。手順は至って簡単、たった4ステップで作れますよ。ぜひチャレンジしてくださいね。

材料(2人分)

Photo by とも花

・小あじの中骨……5~6尾分
・塩……適宜

作り方

1. 中骨の水分を拭き取る

Photo by とも花

中骨は軽く水洗いをしたら水気を切り、ペーパータオルで挟むようにして水分をよく拭き取ってください。

2. 軽く塩をふり、しばらくおく

Photo by とも花

水気を取ったあじの中骨をバットに並べ、軽く塩をふります。裏表まんべんなく、薄くふりかけてください。10分程度、そのままおいておきましょう。

3. 出てきた水分を拭き取る

Photo by とも花

しばらくおいておくと水分が出てくるので、ペーパータオルで再度水気を拭き取ってください。こうすることで中骨にほどよい塩味が付き、油がはねるのを防げます。

4. 油で揚げる

Photo by とも花

フライパンに底から2cmほどの揚げ油を入れ、150~160℃の低温(油に菜箸の先をつけると細かな泡が出てくるのが目安)でじっくり揚げていきます。揚げはじめは大きめの泡が静かに出てきますが、水分が少なくなってくると泡はだんだん小さくなっていきます。

この温度を保ち(弱めの中火で)、ときどき返しながら7~8分ほど揚げましょう。

Photo by とも花

泡が小さくなってきたら火力を上げ、油の温度が高くなるようにしてください。約180℃で1分ほど加熱することでカラリと揚がり、香ばしさもUPします。きれいなきつね色になったら、油から引きあげてください。

Photo by とも花

揚げ物用バットに置くときには、立てかけるようにしましょう。油切れがよくなり、パリパリした食感が保てますよ。

特集

FEATURE CONTENTS