ライター : 佐々木 梓

管理栄養士

妊産婦食アドバイザー、インナービューティーダイエットアドバイザー。医療機関の管理栄養士として、乳幼児から高齢者まで幅広い対象者に向けた食事カウンセリングをおこなう。料理教室…もっとみる

アジってこんな魚!

アジは日本の食卓やスーパーでよく見かける青魚。(※1)世界中の海に広く生育し、暖流にのって回遊しています。(※1) 日本でもっとも出回っているのが「真アジ」という種類。(※1)一般的に「アジ」と言えばこれを指します。(※1)ほかに、くさやの材料となる「ムロアジ」、高級魚の「シマアジ」などがあります。(※1)

「アジ」の語源

アジは「味」が良いため、この名前になったとも言われています。(※2)ほどよく脂がのり、クセが少ない魚です。その名の通り、刺身やなめろうなど生で食べるほか、塩焼きや煮つけ、フライ、ムニエルなどにしてもおいしい!和・洋・中にこだわらず幅広い料理に合う優秀な食材です。

アジの旬はいつ?産地は?

アジの旬は6〜8月。(※2)春から夏にかけての季節です。旬のアジはもっとも脂がのり、味もおいしくなると言われています。 アジをはじめとする青魚に含まれる脂は良質なもの。血流の流れを促す働きを持つEPAや、脳の機能を保つために不可欠のDHAが豊富とされています。(※2)旬のアジはおいしいだけでなく、健康にも役立つ食材なのです。

産地

アジは全国的に水揚げされていますが、なかでも多いのは北九州の海域。漁獲量トップは長崎県で、そのあとに島根県、鳥取県と続きます。(※2)。また大分県佐賀関産の「関アジ」に代表されるような、アジの高級ブランドも全国的に存在しています。 アジは加工品も多く生産されています。くさい食べ物代表としてよくあげられるくさやは、塩、水、アジから出る汁を発酵させた「くさや液」につけて干したもの。長い歴史を持ち、現在は伊豆諸島で作られています。(※3)アジといえば干物も人気。伊豆、北陸など多くの地域で作られています。

おいしいアジの選びかたと食べかた

Photos:5枚
白いごはんにのせてねぎとごまをかけたアジの漬け
レモンが添えられて白い器に盛り付けられたアジのパン粉焼き
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS