ライター : kii

調理師

製菓衛生師、食育インストラクター、フードコーディネーター。「おいしい料理で人を幸せにする」をモットーに、レシピやお料理のコツなどの情報発信を行っています。ブログやYouTubeで…もっとみる

まずはチェック!肉じゃが作りのコツとポイント

Photo by 調理師/kii

煮崩れしてしまったり、お肉がパサパサになってしまったり……。家庭料理の定番だけど、きちんと作るのはちょっぴりむずかしい「肉じゃが」。まずはおいしく作るためのポイント5つをチェックして、和食の定番「肉じゃが」をマスターしましょう!

1. 肉は炒めて一旦取り出す

肉を長時間煮ると、肉のうま味が逃げてかたくなってしまいます。肉は炒めたら取り出しておき、仕上げに加えることで、お肉もふっくらやわらかくおいしい肉じゃがに仕上がりますよ。

2. 野菜を油でコーティングする

肉を炒めてでてきた脂を利用して、野菜を炒めましょう。肉のうま味を野菜に移すことができるうえに、野菜を油でコーティングすることで、煮崩れもしにくくなります。

3. 煮汁は沸騰させない

煮汁をグツグツと沸騰させると、じゃがいもが煮崩れしてしまいます。煮汁は、フツフツと沸くくらいでOK。ゆっくりと加熱することで、野菜のもつ甘さやうま味を引き出すように煮込んでいきましょう。

4. できるだけかき混ぜない

煮込んでいる際、何回も木べらや菜箸でかき混ぜると、どんどんじゃがいもが崩れていってしまいます。煮汁がフツフツと沸くくらいでゆっくりと加熱していけば、焦げることはありませんので、頻繁にかき混ぜる必要はありません。混ぜるときもできるだけやさしく混ぜましょう。

5. おすすめのじゃがいもの種類

・男爵

ホクホクとした食感で、加熱時間が長くなると煮崩れします。煮崩れしてとろっとした部分と、じゃがいものホクホクした部分、両方を楽しめる肉じゃがに。

特集

FEATURE CONTENTS