こんがりジューシー♪ オーブンで作る「ローストチキン」のレシピ

骨つき鶏もも肉をオーブンで焼き上げる「ローストチキン」のレシピをご紹介します。見た目のインパクトもあるひと品は、クリスマスやパーティー、おもてなしなどの特別な日にもぴったりですよ。ローストチキンに合わせたい副菜、スープ、デザートもご紹介するので、献立もバッチリ!

2019年12月24日 更新

オーブンでテリテリ♪ 骨つきもも肉のローストチキン(調理時間:70分)

オーブンで作るテリテリローストチキン

Photo by kii

塩とブラックペッパーでしっかりと下味をつけた鶏肉に、しょうゆとみりんをぬってオーブンで焼き上げました。香ばしい皮は、ほんのりと甘じょっぱくて、みんな大好きな味♪ こんがりジューシーで、鶏肉のおいしさをしっかりと楽しめるひと品です。

材料(1人分)

オーブンで作るローストチキンの材料

Photo by kii

・骨つき鶏もも肉……1本
・しょうゆ、みりん……各大さじ1/2
・塩……小さじ1/2
・ブラックペッパー……小さじ1/4

※上記の材料は、骨つき鶏もも肉1本あたりの材料です。2本以上作る場合は、作る本数に合わせて、1本あたりの材料を倍にしてください。

コツ・ポイント

オーブンで作るローストチキンのアップ

Photo by kii

1. しっかりと塩とブラックペッパーで味をつける

今回ご紹介するローストチキンは、鶏肉をタレには漬け込まず、タレは皮にぬって焼くだけです。タレの味が肉にはほとんどつきませんので、塩とブラックペッパーでしっかりと肉に味付けすることが、おいしく食べるコツ。塩は鶏肉の重量の1%を目安に、しっかりと味付けしましょう。

2. お肉は常温にもどす

塩とブラックペッパーを鶏肉にすりこんだら、30分常温においておきます。鶏肉を常温に戻すことで生焼けを防げますし、おいている間にしっかりと鶏肉に味がついておいしく食べられますよ。

作り方

1. 下準備をする

天板や耐熱皿に、オーブン用のシートを敷く

Photo by kii

オーブンは、200℃に余熱しておき、しょうゆとみりんは混ぜ合わせておきましょう。

オーブン用のシートを、天板か耐熱皿に敷いておきます。(タレが焦げつくので、掃除しやすいようにオーブン用シートを敷いておくとGood。)
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

調理師/kii

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう