ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

お料理修行をするのは……

macaroni 編集部 企画ディレクター / といちゃん

こんにちは、macaroni編集部のといだです。

料理をするのは嫌いではないけれど、もっと上手に作る方法があるんじゃないかと思いながらも、いつも自己流で済ませてしまう私。そこで、将来の旦那様においしいごはんを作りたい!? との思いで、料理研究家の小林まさみ&まさる先生のもと、月に一度お料理修行に行っております!

今回教えていただいたのは、「ローストチキン」。香ばしく焼き上げるのがむずかしい上級者メニューという印象があり、今回も不安でいっぱいですが、おいしいローストチキンをクリスマスに振る舞えるステキ女子を目指して頑張ります!

教わったのは、こちらの先生

Photo by macaroni

料理研究家 / 小林まさみ先生・小林まさる先生
嫁と義父という関係でありながら、最高の料理研究家コンビとして活躍するまさみ先生とまさる先生。

料理愛好家・平野レミさんのアシスタントとして多忙を極めるまさみ先生を見かねた、まさる先生の「手伝おうか?」という愛のある一言から始まったふたりの関係。嫁と義父という関係に初めこそ戸惑いはあったものの、絶妙で抜群のコンビネーションと安心感で徐々にお茶の間の人気を獲得。現在では、数々のテレビ出演や雑誌取材と多忙を極める。

まさみ先生とまさる先生のレシピは、主婦の方々はもちろん、今までまったく料理をしてこなかった男性やシニアの方でも簡単においしく作る事ができると好評。料理のみならず、関係や年齢・常識にとらわれない前向きで明るい姿勢にも、勇気づけられている方も多い。

そんなまさみ先生とまさる先生に「ローストチキン」の作り方と3つのコツを教わりました。

それでは、さっそく「ローストチキン」を作っていきます!

Photo by macaroni

材料(2人分)

Photo by macaroni

・鶏もも骨付き肉……2本(約600g)
・塩……小さじ2/3杯
・こしょう……少々
A ローズマリー(長さ半分に切る)……2本
A レモン汁……大さじ1/2杯
A ニンニク(芯を除き、薄切り)……大1/2かけ
A 白ワイン……大さじ1杯
・バター(耐熱ボウルに入れラップをかけ、600Wで20〜30秒加熱して溶かす)……10g

飾り付け

・クレソン
・ミニトマト

1. ニンニクとローズマリーを切る

Photo by macaroni

まさみ先生「今回は、味付けにニンニクとローズマリーを使います。ニンニクは薄く横にスライスし、ローズマリーは葉っぱを切らないように、茎の部分を切ってください。終わったら、今のうちにオーブンを250℃に予熱しておきましょう」

といちゃん「はい!」

特集

FEATURE CONTENTS