ライター : kinako

料理やお菓子を作ること、食べることが大好きです。作り方のコツやポイントとともに、さらにおいしく味わえるよう、素材や料理の背景にもさり気なく触れられれば、と思っています。

桜鯛ってどんな魚?

春の風物詩のひとつである桜鯛は、卵形をした、体長15~20cmの小ぶりの鯛です。その名のとおり桜の花咲く頃、3月~6月頃に旬を迎えると、雌の体は美しい桜色に。雄の体には、桜の花びらのような斑点が現れます。 産卵期、浅瀬にあがってきたところを漁獲されるため、お腹に卵や白子が入っていることもあります。北海道以南の日本海、太平洋沿岸など、日本各地で水揚げされていますが、特に瀬戸内海沿岸のものがよく知られています。

「桜鯛」って真鯛なの?

結論から言うと、桜鯛=真鯛です!桜鯛と呼ばれる由来については諸説ありますが、よく知られているものは、桜の時期に旬を迎えるからという説や、旬になると雌の体が桜色に色づくからという説。また、旬の時期、雄の体に桜の花びらのような斑点が現れるため、という説もありますが、どれも桜に関係しており、納得できるものばかりです。 真鯛と同じスズキ目に「サクラダイ」という魚がいますが、こちらはタイ科ではなくハタ科の魚。鮮やかな赤色の体に白い斑点が散っており、糸状の背びれと尾びれが特徴です。

桜鯛の産地

桜鯛の生息地は、北海道以南、南西諸島を除く全国各地。東シナ海や南シナ海まで広く分布しています。通常は岩礁や砂礫のある中低層で生息していますが、3月~6月、産卵のため浅瀬に浮上したところを漁獲されます。 産地としてよく知られるのは、福岡県、愛媛県、山口県などの瀬戸内海産。そのほか、長崎県や島根県なども、常に高い漁獲量を誇っています。

桜鯛っておいくら?

天然物は1kgあたり5,000円のものが多く、養殖物は天然物よりややリーズナブル。旬の時期は漁獲量が多いため、全体的に価格が抑えられます。鮮魚店やスーパーなどの店頭販売のほか、インターネットなどでも購入が可能ですよ。

桜鯛のおいしい食べ方

桜鯛は、煮ても、焼いても、蒸してもおいしくいただけます。もちろん生のまま、刺し身や寿司で味わうこともOK。 米といっしょにまるごと一匹炊き上げる、炊き込みご飯も人気レシピのひとつです。 また、和風の味つけだけでなく、バターやマスタードなど、洋風の味つけにもよくマッチ。パスタの具材にすることもできますよ。シーンに合わせていろいろな味わい方を楽しめます。

旬の時期に味わう桜鯛のアレンジ5選

1. 我が家の定番決定!「桜鯛の照り焼き」

フライパンで作れるおいしい照り焼きです。調味料は常備しているものばかり。約15分でできることも魅力のひとつです。おいしく仕上げるポイントは、酒と塩でしっかり下味をつけること。仕上げるにふる山椒も、いいアクセントになっています。
Photos:6枚
氷を張った桶に並ぶ二尾の真鯛(桜鯛)
和風皿に盛られた、桜鯛の照り焼き
緑のデザイン皿に盛られた、桜鯛の和風アクアパッツア
白っぽい和皿に盛られた、桜鯛の真子と肝の煮付け
黒い正方形皿に盛られた、桜鯛の香味蒸し
フライパンに入っている、桜鯛の鯛めし
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS