連載

飲み会や師走疲れ、お肌に出る前に【冬の悩みにいい5つの食材 day3】

疲れや便秘、乾燥や冷えなど季節特有の悩み。そんな現代人の“不調”は、毎日の食事で強いカラダを作っていけば予防できるものです。今回そんな『食養生』の第一歩として、Twitterで大人気の漢方家・櫻井先生に冬に食べるべき食材を教えてもらいます。お悩み別、7日間連続でご紹介します!

2019年12月4日 更新

教えてくれる人

漢方家 櫻井 大典(さくらい だいすけ) / @PandaKanpo
北海道北見市の漢方相談専門店「ミドリ薬品 漢方堂」3代目。アメリカのカリフォルニア州立大学で心理学を学び、帰国。国際中医師資格を持ち、年間4000人もの漢方相談を担当する。漢方や養生について発信するツイートが大人気。

不規則になりがちな年末、お肌は綺麗に保ちたい

肌の荒れやすさ。それはもちろん元々の肌質・体質にもよりますが、食べるものが大きく関係しています。忙しい師走はやることに追われていたり、人に会う機会も増えてお酒を飲むことが増えたりと、慌ただしい日々を過ごす人も多いのではないでしょうか。

お肌はトラブルが出てからだと正直遅い……。それは食養生も同じで「症状が出る前に予防する」「症状に悩まされない強い身体を作る」というのが基本の考え方なんです。

***
この連載では、冬に出やすい7つの不調《喉の不調と咳 / 乾燥 / 肌荒れ / 気分の落ち込み / 冷えと肩こり / むくみ / 二日酔い》を毎晩21時にひとつずつ公開。櫻井先生の最新著書「まいにち漢方食材帖」から、その症状に良い食材の効能や知識を紹介します。

本日のテーマ「肌荒れ」で悩む人におすすめの食材は、レタス・チンゲン菜・パセリ・しめじ・れんこん。簡単に作れる macaroni レシピも紹介しているので、明日からぜひ食卓に取り入れてみてください。

1. ストレスを和らげ、肌を整える「レタス」

甘味や辛味など、中医学では味覚は5つに分けられますが、レタスは「苦味」。便通を促したり、肌の調子を整えてくれるほか、胃腸を整えたり気分を穏やかにしてくれます。

とはいえ、生のレタスをたくさん食べるのはなかなか大変なので、湯通ししたり、チャーハンやスープに入れて食べるのがおすすめです。

ピリ辛だれのレタスしゃぶしゃぶ鍋

鍋にレタスをさっとくぐらせる様子

Photo by macaroni

レタスをもりもりたくさん食べるならこのレシピ!さっと湯通ししてタレにつけると、いくらでも食べられます。普段のお鍋にぜひ追加してみてくださ。

2. 快眠、シミそばかすにも良い!?「チンゲン菜」

チンゲン菜は、血流や胃腸の機能を改善してくれるのでシミやそばかすに良いと言われています。また、肩こりや頭痛に悩んでいる人もおすすめなので、デスクワークの人は積極的に食べるといいかも。

気分を安定させてくれる効果があるので、同じ効能があるたまごや牡蠣といっしょに食べると、落ち着いた気持ちでゆっくり眠れそうです。

まるごとチンゲン菜の肉詰めあんかけ

タレがかかったまるごとのチンゲン菜

Photo by macaroni

チンゲン菜を丸ごと食べる、見た目のインパクトも大なレシピ。でも作り方はすごく簡単。豆腐と豚ひき肉を混ぜてタネを作り、中に詰めてチンするだけ。ぜひお試しを!
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう