はまりのひとことアドバイス♪

「きのこは水から煮込むことで旨みが出やすくなりますよ」

4. 余熱でしっとり「土鍋鶏チャーシュー」

Photo by macaroni

グツグツと煮込んで時間がかかるイメージのチャーシューですが、厚手で保温力の高い土鍋の特性を利用すれば、火にかけている時間はたったの7分。あとは火を止めて余熱でじんわりと火を通していきましょう。 そのままおつまみに、ラーメンのトッピングやサンドイッチの具材にも重宝します。

はまりのひとことアドバイス♪

「下味で砂糖をもみ込むことで、パサつかずしっとりと仕上がりますよ」

5. しっとりふっくら。「土鍋まるごとパン」

Photo by macaroni

週末は、土鍋を使った丸ごとパンにチャレンジしてみませんか?発酵に時間がかかるものの、行程そのものは簡単で特別な型も必要ないので、パン初心者さんでもチャレンジしやすいレシピです。 仕上げにオリーブオイルを塗って岩塩をふりかけて焼けば、何もつけなくても噛むほどにおいしいパンのできあがりです♪

スイーツ系

1. パーティー向き「土鍋まるごとチーズケーキ」

Photo by macaroni

スプーンですくってシェアするチーズケーキは、パーティーにおすすめ。こちらも「土鍋まるごとパン」と同様に、専用の型が必要ないので、チャレンジしやすいケーキです。 クリームチーズをはじめとする材料を順に混ぜ、無塩バターを塗った土鍋に流し込んで焼くだけなので、とても簡単ですよ。

はまりのひとことアドバイス♪

「焼きたてでも、冷やしてもおいしいので、お好みの状態で召し上がってくださいね」
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS