ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

豆乳は冷凍保存できる?

お料理、そしてお菓子づくりに使う「豆乳」。大きなサイズで買ってしまうと消費期限までに飲みきれないことってはありませんか? 実際、豆乳は冷凍することが可能ですが、解凍して飲むことは推奨されていません。それはどうしてなのでしょうか。

豆乳を冷凍するなら凍ったままで食べよう!

豆乳を冷凍すること自体は問題ありませんが、それを解凍して飲むことはできないと言われています。それは、解凍すると品質が劣化、ボロボロとおぼろのようになってしまうからなんです。 ですので、一度冷凍した豆乳は解凍せずに、そのままアイスやシャーベットにして味わうのがおすすめです♪

豆乳を冷凍する際の注意点

豆乳を冷凍する際には、ほかの容器に移さずに、パッケージのまま冷凍するのがおすすめです。 冷凍の際にコツとしては、冷凍する前にパックの折りたたみ部分を立てておくと食べるときに開封しやすくなります。

日持ちの目安

冷凍した豆乳は、だいたい1週間から2週間ほどで消費するようにしましょう。

アイス作りに便利なキッコーマンの豆乳とは

現在、さまざまなブランドの豆乳がありますが、アイスを作るのには「キッコーマン」の豆乳が人気です。その秘密は、キッコーマンの豆乳は鮮度にこだわりがあり、その上フレーバーも豊富だから。それをパッケージごと冷凍庫入れるだけでいいので、凍るのを待つだけでいろいろな味わいのアイスが食べることができます。

アイスの作り方

作り方も簡単♪ お気に入りのフレーバーの豆乳を選んだら、パックの耳の部分を立てて冷凍庫に入れるだけ。だいたい1日ほどで冷凍が完了します。食べるときには、お水に5分ほどつけておくと食べごろになりますよ。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS