ライター : camel6808

普段はとある企業でせこせこ働いてます。 思いついたときにフラっと喫茶店のプリンを食べに行くのが趣味です。 皆さまにレシピやグルメ系の情報が発信できるよう、がんばっていきます。

卵の黄身だけで作れる人気レシピ5選

1. 冷凍卵の黄身の醤油漬け

卵黄の醤油漬けを作ろうとして、黄身が崩れてしまうのはやりがちな失敗。そんなときに試してほしいのが卵黄を冷凍してみましょう。これだけで崩れる失敗がなくなり、半熟たまごのようなちょっと固みのある食感になります。いつもの醤油漬けより、ギュッとした食感をお楽しみください。

2. 絶品おつまみ、卵黄の味噌漬け

味噌の風味と塩気、みりんのほんのりとした甘みがしっかり染み込んだ、卵黄の味噌漬けのレシピです。作り方は味噌とみりんを混ぜたものに卵黄を漬けるだけ。漬けてから数日後が食べ頃ですが、より濃厚な味わいを楽しみたい方はあと数日漬け込んでみてください。とろける食感と旨味の波に、ご飯が一瞬でなくなりますよ。

3. 黄身の赤味噌一夜漬け

赤味噌独特の濃い風味を卵黄に染み込ませたひと品です。赤味噌は味が濃いのでひと晩漬け込めばできあがり♪ ねっとりとした黄身からは赤味噌の味が広がり、ひと晩で作ったとは思えないおいしさです。味がしっかりしているので、ビールや日本酒だけでなく、赤ワインなどの濃口の洋酒にも合います。

4. 卵黄の醤油麹漬け

塩麹よりも濃厚な旨味と大豆の風味がギュッと詰まった醤油麹をご存知ですか? 醤油麹に漬けた黄身は豊かな風味とほどよい旨味が卵黄のマイルドさと絶妙にマッチ。そのままでも、白いご飯にも、アレンジしていろんな料理のトッピングにも使いたくなるひと品です。確実に料理のランクをグッとあげてくれますよ。

5. 卵の黄身の醤油漬け天ぷら

醤油に漬けた卵黄を天ぷらにした、おつまみにおすすめのレシピです。カリッと軽い衣の中から溢れだす塩気を含んだ黄身は悶絶級のおいしさ。熱いのがわかっていても、どんどん口に運びたくなること間違いなしです。揚げすぎると卵黄が固まってしまうので、サッと調理するのがトロトロに仕上げるコツ!

卵の黄身で作るおかずレシピ5選

6. とろけるおいしさ!ふわふわ明太チーズスフレオムレツ

Photo by macaroni

調理時間:15分
【材料(1~2人分)】
・卵……2個
・とろけるチーズ……30g
・牛乳……大さじ2杯
・バター……15g
・塩こしょう……少々

出典: macaro-ni.jp

メレンゲを使ってしゅわしゅわ食感に焼き上げたオムレツです。そのまま食べると卵のやさしい風味と中に閉じ込めたチーズの旨味が楽しめますが、明太ソースのほどよい塩気と辛味がアクセントになってやみつきに! この素晴らしい食感を楽しめるのは焼き立てだけなので、ぜひすぐに召し上がってください。

特集

FEATURE CONTENTS