ライター : 相羽 舞

管理栄養士

大学卒業後、保育園にて勤務し離乳食と幼児食の献立作成や調理を経験。現在は4歳と2歳の兄弟を大騒ぎで子育て中です。専門的な内容でもわかりやすい記事を目指して執筆しています。

おにぎりのカロリーは高い?

おにぎりのカロリーは、米の量や具材によってさまざまです。シンプルな塩と海苔だけのおにぎりでは、1個(102g)あたり171kcal。揚げたり、砂糖を多く使用したりする菓子パン類と比べると、カロリーは低いです。

しかし、ついつい食べ過ぎるとカロリーの摂り過ぎになることがあります。座り仕事中心で、軽い運動習慣のある女性の場合、一食あたりのおにぎりを食べる目安は1個半~2個です。おにぎりは米の量や具材によってカロリーの違いがあるので、栄養成分表示を確認するようにしましょう。(※1,2,3,4)

おにぎりのカロリーや糖質はどのくらい?

一般的な大きさの塩おにぎり(白米)1個(102g)のカロリーと糖質量は、以下のとおりです。

・エネルギー量(カロリー)……171kcal
・糖質……35.7g

米は糖質が多く含まれていますが、脂質が少ないのが特徴です。また、糖質以外にもたんぱく質やビタミン、ミネラル、食物繊維などもバランスよく含まれていますよ。(※1,4)

おにぎりの具別カロリーの違い

・梅干し……173kcal
・おかか……179kcal
・高菜……179kcal
・明太子……183kcal
・こんぶ……183kcal
・鮭……191kcal
・鶏五目……193kcal
・ツナマヨネーズ……232kcal

もっともカロリーが低いのは梅干しのおにぎり。おかか、こんぶ、高菜など、脂質が少ない具材を使うおにぎりは低カロリーなものが多いですよ。

一方、脂ののった鮭や鶏肉、マヨネーズを使用するおにぎりは脂質が多いため、カロリーが高くなります。カロリーを抑えたい場合は、脂質の少ない具材を選ぶよう意識しましょう。(※1,4)

手作りおにぎりでカロリーを抑えよう!

おにぎりを手作りすると米の量が調整できるので、カロリーを自分でコントロールすることができます。具材も自由に選んで、好きな低カロリーの食材を使って作ってみるのもいいですね。

また、空腹のときに糖質主体のおにぎりを食べると、血糖値が一気に上がり、糖質を脂肪に変えて蓄えようとする「インスリン」が過剰に分泌されるおそれが。そのためダイエット中には、食後血糖値の急上昇を抑えるはたらきがある「食物繊維」を意識して摂りましょう。

食物繊維が豊富な野菜や海藻類を、おにぎりの具材に使うのがおすすめです。また、白米の代わりに玄米を使用することで、食物繊維の量を増やすこともできますよ。(※5,6)

炭水化物のなかでもおにぎりはダイエットの味方♪

おにぎりのような冷めたご飯には、炊きたてに比べてレジスタントスターチという成分が多く含まれています。レジスタントスターチは、消化・吸収されないでんぷんのことで、食物繊維のように腸内環境を整えるはたらきがありますよ。

また、レジスタントスターチには食後の血糖値の上昇をゆるやかにし、満腹感を長続きさせる作用も。食べ過ぎに注意すれば、おにぎりはダイエット中でも取り入れやすいですね。(※6)

ダイエット向き!おにぎりのおすすめレシピ5選

1. 卵かけご飯風おにぎり

Photo by macaroni

卵からたんぱく質がしっかり摂れる、卵かけご飯風のおにぎりです。ダイエット中は、低カロリーを意識し過ぎるとたんぱく質が不足しがちに。たんぱく質の不足が続くと、筋肉量の低下にともなって基礎代謝量が落ち、痩せにくくなってしまいます。卵をおにぎりに混ぜ込めば、手軽に良質なたんぱく質を摂れますよ。(※7,8)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS