ライター : 塚本 晴香

管理栄養士

大学にて栄養学の勉強をした後、調理師専門学校で調理についても本格的に学ぶ。その後、カフェにて勤務し新メニューの開発などにも関わる。現在は、ライターとしてたくさんの人に食べる…もっとみる

ちくわに含まれる栄養素は?

たんぱく質

ちくわ100gあたりに含まれるたんぱく質は12.2gです。たんぱく質は20種類のアミノ酸によって構成されており、筋肉や臓器など私たちの身体を作る材料となる栄養素です。

ちくわは魚のすり身を練って作られているので、魚由来のたんぱく質が豊富。一般的に魚をはじめとする動物性たんぱく質は、体内で合成できない必須アミノ酸をバランス良く含んでいるため、良質なたんぱく質であると言えます。また、ちくわは味付けがされているのでそのままでも食べられ、手軽に質の良いたんぱく質が補給できる便利な食品ですよ。(※1,2)

脂質

ちくわ100gあたりに含まれる脂質は2.0gです。

魚のすり身が主な材料のちくわは、低脂質の食品です。焼いて作られるちくわは、同じ練り物のなかでも、揚げて作られるさつま揚げより低脂質!また、弾力のあるちくわは、自然とよく噛むため、満腹中枢を刺激し、肥満対策が期待できます。(※1,3)

ちくわ100gあたりに含まれる鉄は1.0mgです。鉄は、血液中のヘモグロビンを構成しており、酸素を運ぶ作用がある栄養素。

鉄には、身体に吸収されやすいヘム鉄と、吸収されにくい非ヘム鉄の2種類があります。ちくわは、ヘム鉄を含む魚のすり身が原材料なので、比較的効率よく吸収できますね。(※1,4)

リン

ちくわ100gあたりに含まれるリンは110mgです。リンはカルシウムとともに骨や歯を構成している栄養素です。

ちくわには、保水力や弾力をもたせるために「リン酸塩」という食品添加物が加えられているので、リンが多く含まれます。リンを摂りすぎると、カルシウムの吸収を邪魔してしまうことも。普段から加工食品や清涼飲料水を多くとる方は、摂りすぎている可能性があるので注意しましょう。(※1,5,6)

食塩相当量

ちくわ100gあたりに含まれる食塩相当量は2.1gです。食塩(ナトリウム)を摂りすぎると、血圧の上昇やむくみを生じるおそれがあります。

ちくわを作る工程で、魚のすり身に粘り気を出すために食塩が使われます。すり身に練り込まれているため、あまり塩気を感じないかもしれませんが、食塩を多く含んでいるので注意が必要です。(※1,7)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ