ライター : motomoto

家で料理をつくったり、ふらふらと車でお出かけしたり、カルディでいいものをみつけたり……なにげない日々を過ごしています。 美容や健康にも興味あり! お役に立てるような情報をお届け…もっとみる

松茸の保存方法【常温の場合】

高価だからこそ保存に気を使う松茸。どれくらい日持ちするのか、どんな保存方法がベストなのか、よくわからないという人もいるのでは?松茸は生ものなので、購入したらなるべく早く食べきるのがおすすめです。

保存は常温でも冷蔵でも冷凍でもできます。ただし常温より冷蔵、冷蔵より冷凍のほうが保存期間は長めです。長く楽しみたいなら冷凍保存がおすすめ。いずれの保存方法も時間が経過すると香りが失われやすいので、なるべく早め早めに食べるようにしてくださいね。

保存方法

まず松茸の汚れをぬれたふきんで拭き取り、根本の石づきの周囲を包丁で削り落とします。保存方法のポイントは新聞紙やキッチンペーパーなどで松茸を包み、風通しのよい場所に直射日光が当たらないようにしておくこと。松茸を常温で保存する場合、保存期間の目安は2日ほどです。

保存するときのポイント

保存の際、水洗いはNGです。水洗いしてしまうと傷みが早くなり、風味や香りも落ちてしまうので気をつけること!もし2日以上、保存するときは冷蔵室か冷凍室で保存してくださいね。

おすすめの食べ方

料理初心者さんでもおいしく食べることができる、おすすめは「松茸のホイル焼き」です。ポイントは、松茸を手で裂くこと。手で裂くと芳醇な香りを堪能できます。

ホイルに包んだら、酒と塩を振りかけるだけです。弱火~中火で焼くことがおいしく仕上げるポイント!表面を触って温まってきたら完成です。焼き過ぎないように気をつけてくださいね。

香りを楽しむ!シンプルな松茸のホイル焼き

松茸をホイルの上におき、塩と酒をかけてホイルで包み、トースターで蒸し焼きにするだけの簡単レシピです。食べ頃のサインは松茸が少し汗をかいているくらい。食べるときはすだちを絞ったり、ポン酢をたらしたり、しょうゆをかけたり、お好みでどうぞ♪

松茸の保存方法【冷蔵の場合】

松茸の冷蔵保存できる目安の期間は下処理をした場合は5日ほどで、下処理をしていない場合は2日程度です。松茸は下処理をしてもあまり長く保存することができません。なるべく早く食べきることがおいしく味わうポイントです。

編集部のおすすめ