水ダイエットの正しいやり方は?管理栄養士が教える注意点

水ダイエットとは水しか飲まない、ご飯代わりに水を飲むなどの過激なダイエットではありません。普段何気なく飲んでいる水ですが、水を飲むことによって代謝アップや便秘改善などのダイエット効果がたくさんあるんです。水ダイエットのメリットや飲み方、注意点などを管理栄養士が詳しく解説します。

2019年9月20日 更新

水ダイエットは痩せる?

水を飲むだけでやせるということは、科学的に証明されていませんが、水を飲むことによって体の持つさまざまな自浄作用を促し、円滑にすることによって結果的にダイエット効果をもたらす可能性があります。

また、水しか飲まない、ご飯の代わりに水で置き換える、などの過激なダイエットは体調を崩したり、リバウンドするおそれがあるためやり方や取り入れ方には注意しましょう。

水ダイエットの効果は?

代謝が上がる

水分を補給することによって血行がよくなるため、基礎代謝の向上が期待できるといわれています。適切な量のきれいな水が体内を巡ることによって血液の流れもスムーズになって細胞にもきちんと水分が行き届き、細胞が活発になって代謝があがる可能性が高まります。

水のかわりに白湯を飲むと、胃腸が温まって内臓の働きが活性化することで代謝が上がりやすくなります。女性は冷え症の方も多いといわれているので、身体が冷えやすい人は特に夏場でも冷たい水ではなく白湯を飲むのがおすすめです。(※1,2)

過食を防ぐ

お腹がすいていると、つい早食いになってしまったり、食べすぎてしまいがちに。そこで、食事の前や食事中に水を少し飲めば空腹感を抑えることができます。少ない食事量でも満腹感が得られるので、とり入れるカロリーが少なくすみますね。

また、空腹感を抑えておけば、ゆっくりとしたスピードで食事が楽しめます。そうすることで、食後20分後から働き始めるといわれている満腹中枢を刺激しやすくなり、結果的に食べ過ぎを防ぐことができます。これが無理なく痩せられるポイントです。(※2,16)
1 / 6
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ochiiii

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう