ライター : riku_mama

6歳のヤンチャな男子を子育て奮闘中のママです!食が細く、好き嫌いの多い息子のために日々おいしそうなレシピを模索しています。パンが大好きで、小さなパン屋の製造補助をしながらmac…もっとみる

いちごの品種!定番のものから新種まで

1. あきひめ

Photo by Snapmart

あきひめは静岡県の故・萩原章弘(はぎわらあきひろ)氏が交配・育成を繰り返して登録された品種です。章姫(あきひめ)の「章」は育成者の名前にちなんでいます。あきひめの果肉の形は、大きめの円錐型です。果肉の中心部は白く、表面に近いところはピンクがかっています。

味わい

あきひめの果実はやわらかくてジューシー!酸味があまりないので、しっかりした甘みを感じられる品種です。栽培環境で水っぽいものもありますが、形も割ときれいなのでケーキのトッピングにも向いています。

2. とちおとめ

とちおとめは栃木県で「久留米49号」と「栃の峰」を交配して生まれたいちごです。現在では、全国でもっとも多く作られている品種で、栃木県で作られるいちごの9割はとちおとめになっています。

味わい

甘味と酸味のバランスがいいとちおとめ。どちらかと言うと、酸味より甘味の方が強いようです。果肉もギュッと締まっている割にジューシーな果汁を味わうことができます。

3. さちのか

さちのかは農林水産省野菜茶業試験場久留米支場で「とよのか」と「アイベリー」を交配・育成した品種です。長崎県や佐賀県を中心に栽培され、ほかのいちごに比べてビタミンCの含有量が多いのが特徴。

味わい

さちのかは香りがやや強く、酸味と甘味のバランスもいいいちごです。大きめの円錐型をしていて、果皮の色は濃い赤、果肉や中心は淡い赤色をしています。酸化すると黒ずんでしまいますが、新鮮なものは鮮やかな赤色なのでジャムやピューレとしても使うのもおすすめ。
Photos:8枚
あきひめ
とちおとめ
さちのか
あまおう
スカイベリー
きらぴ香
ロイヤルクイーン
紅ほっぺ
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS