ライター : israbonita

インスタグラマー / 料理ブロガー

料理が苦手でも絶対に料理は上達する!をモットーに共働きでも作れる、おいしくて彩豊かなごはんをInstagram・YouTube・ブロフなどで発信しています。

フルーツ飴、実は意外とむずかしい!?

Photo by israbonita

少し前から、ユーチューバーの方々がよく作っているフルーツ飴。ジューシーなフルーツにパリパリの飴がコーティングされていて、見た目もキレイでおいしいんですよね!

私も常々気になっていたので、フルーツ飴作りにチャレンジしてみました。が、初回は飴が固まってしまい、ベタベタなできそこないに……。

そんな失敗を乗り越えてついにおいしいフルーツ飴を完成させることができたので、レシピや失敗しない3つのコツをご紹介します!

作っている様子を動画にしたので、ぜひ参考にしてください▼

パリパリでおいしい!フルーツ飴のレシピ

材料

Photo by israbonita

・グラニュー糖……180g
・水……135ml
・いちご……7個
・種なしぶどう……12個
・カット済パイナップル……6個
・竹串……15本くらい
・クッキングシート

作り方

Photo by israbonita

1. いちごを洗ってヘタを包丁で切る。ぶどうを房からちぎり洗う。

2. フルーツの表面の水分をキッチンペーパーなどでしっかり取る。

3. 竹串にフルーツを刺す。

4. グラニュー糖と水を鍋に入れて混ぜる。

5. 中火で10分以上煮詰める。
※火にかけたら絶対混ぜない!

6. 水分量が少なくなり、飴に粘り気が出て黄味がかってきたら竹串の先にとる。 竹串を水につけ、すぐに飴が固まったらフルーツを絡めてOK!

7. フルーツをくるっと1回転させて表面をコーティングしたら、余分な飴を鍋の中に落とし、クッキングシートをしいたお皿などに取る。

8. 少しだけ冷まして完成。

失敗しない!フルーツ飴をおいしく作る3つのコツ

1. フルーツの表面の水分をしっかり拭き取る

Photo by israbonita

まず大事なのは、フルーツを洗ったら表面の水分をしっかり拭き取ること。水分が残っていると飴できれいにコーティングしにくいのです。

また、表面に水分が染み出しにくい皮付きのフルーツを材料にすると成功しやすいです(いちご、ぶどう、りんご、みかんなど)。

2. 砂糖と水を火にかけたら絶対に混ぜない!

Photo by israbonita

初心者が一番陥りやすい失敗は、火にかけた砂糖と水を混ぜてしまうこと。

火にかけたあとに混ぜると砂糖が結晶化してしまい、ザリザリとした食感の飴になってしまいます。

ですから、火にかける前に菜箸などで砂糖と水を軽く混ぜたら、あとは一切触らないのが鉄則です。

3. しっかり砂糖と水を煮詰めてからフルーツを絡める

Photo by israbonita

私が最初にやってしまった失敗がこれ!

煮詰め具合が足りない状態でフルーツに絡めてしまい、ベッタベタの飴になってしまったのです。

歯にめちゃめちゃくっつく地獄のようなフルーツ飴になりました……(涙)。

皆さまはぜひ、10分以上は中火で加熱するようにしてください。

Photo by israbonita

飴の粘度が高くなって黄色味がかってきたら、竹串の先にとってすぐに水につけます。手で触ってみて、固まっていたらフルーツをつけてOKです。少しでもベタつきがあったらまだ煮詰めましょう。

Photo by israbonita

フルーツに手早く飴をつけていきます。

十分に煮詰められてあれば、フルーツにコーティングした瞬間に飴が固まりますよ!

特集

FEATURE CONTENTS