あまった飴を救う!レンチン2分で変身させれば大活躍!

袋入りの飴の味に飽きたり、量が多すぎて賞味期限が近かったりと、食べきれずにあまってしまった飴はありませんか?そんな飴は「飴シロップ」に変身させて、最後までおいしくいただきましょう!飴シロップの基本の作り方や、楽しいアレンジアイデアをご紹介♩

あまった飴は「飴シロップ」にリメイク!

あまった飴は「飴シロップ」にリメイク!

Photo by macaroni

袋入りのキャンディ、あまらせていませんか?最初はおいしく食べていても、段々味に飽きてしまったり、暑さに負けてポケットの中でベトベトに溶けてしまったり……。そんなキャンディは、無理して食べずに「飴シロップ」にリメイク!朝食やおやつに便利ですよ。作り方はとっても簡単なので、アレンジ術をぜひ覚えてくださいね♩

飴シロップの作り方

飴シロップの作り方

Photo by macaroni

まずは、基本の飴シロップの作り方をご紹介します。

こちらは、お砂糖とお水で作られたシンプルなべっこう飴。飴の中でもシロップにしやすいので、初心者の方におすすめです。

1. 水を加える

1.  水を加える

Photo by macaroni

飴を電子レンジ使用可能な容器に入れて、飴と同量の水を加えます。今回は4個で25gだったので、合わせて50gになるよう水を加えました。飴の種類によって、必要な水の量が異なりますので、のちほど詳しくご紹介します。

2. 電子レンジで加熱すれば完成!

macaroni

Photo by macaroni

ラップをかけずに電子レンジに入れ、500wで1分30秒〜2分ほど加熱すれば完成!

※キャンディによって加熱時間は異なります。加熱中は電子レンジから離れず、様子を見ながら加熱してください。
※加熱後は、容器が高温になります。手で直接触れないようにしてください。
※小さなお子さんが作る場合は、おうちの方が横について注意してあげてください。

棒つきキャンディーを使った作り方

棒つきキャンディーを使った作り方

Photo by macaroni

棒つきキャンディーでも、基本的に同じ作り方でできます。棒をはずす方法をご紹介します。

1. 袋に入れて砕く

1.  袋に入れて砕く

Photo by macaroni

棒つきキャンディをビニール袋に入れます。布巾などクッションになるものの上にのせて、包丁の背などでやさしくたたきましょう。

※袋が破れて飴の欠片が飛び出すことがあります。なるべく丈夫な袋を使い、強く叩きすぎないように注意しましょう。
※小さなお子さんが作る場合は、おうちの方が横について注意してあげてください。

2. 水を加える

2.  水を加える

Photo by macaroni

キャンディが砕けて、棒が取れました!電子レンジ使用可能な容器に入れて、飴と同量の水を加えます。

3. 電子レンジで加熱すれば完成!

3.  電子レンジで加熱すれば完成!

Photo by macaroni

特集

SPECIAL CONTENTS