おうちで本格「八宝菜」を作るコツ

Photo by sakura4

具だくさんでボリュームも栄養も満点の「八宝菜」をおうちで作るとき、「八宝菜の素」を使う方も多いのではないでしょうか。ですが八宝菜はオイスターソースを使うことで、深みのあるお店のような味に仕上がるんです。 オイスターソースとは日本語で「牡蠣油」とも言われ、「Oyster(オイスター)=牡蠣」の旨味を濃縮して作ったソースのことです。なので加えるだけでコクのある深い味わいになるんですね。さっそくオイスターソースを使った八宝菜の作り方をご紹介しましょう。

お店に負けない!「八宝菜」レシピ

Photo by sakura4

【調理時間:約30分】
八宝菜というと、その名前から8種類の具材が入っているのかな?なんて思ってしまいそうですが、八宝菜の「八」には「8種類」ではなく「たくさんの」という意味があるんです。別名「五目うま煮」とも言われるんですよ。 今回は、そんな「たくさんの」具材を使った本格「八宝菜」のレシピをお届けします。

材料(2人分)

Photo by sakura4

・豚こま切れ肉……100g ・むきエビ……50g ・白菜……150g ・たけのこの水煮……40g ・にんじん……50g ・しいたけ……2個 ・うずら卵の水煮……6個 ・ごま油……大さじ1杯 【とろみタレの調味料】 ・水……200cc ・酒……大さじ1杯 ・砂糖……小さじ1杯 ・オイスターソース……小さじ2杯 ・鶏ガラスープの素……小さじ2杯 ・塩こしょう……少々 ・水溶き片栗粉……大さじ2杯

作り方

1. 具材を切る

Photo by sakura4

白菜はひと口サイズのざく切りに。たけのこはひと口大に。にんじんは短冊切りに。しいたけは薄切りにします。豚こま切れ肉も食べやすい大きさに切ります。

2. 具材を炒める

Photo by sakura4

フライパンにごま油を熱し、最初に豚肉を炒めます。豚肉に火が通ったら、白菜、たけのこ、にんじん、しいたけ、うずらの卵、エビを加えて炒めます。

3. 調味料を入れて煮込む

Photo by sakura4

具材がしんなりしてきたら、水、酒、砂糖、オイスターソース、鶏ガラスープの素、塩コショウを入れ、5分ほど煮ます。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS