材料

・お湯 ・コーヒー コーヒー使用量の目安 1杯分:10~12g 2杯分:20g前後 3杯分:25~30g前後 4杯分:35~40g前後

手順

1. お湯を沸かす。道具はあらかじめ温めておく

Photo by UCC

ドリッパー、サーバーなどの抽出器具、カップやソーサー、スプーンなどはあらかじめ温めておきましょう。こうすることで、飲み頃の温度に抽出しやすくなります。 お湯はくみたての水道水などを沸かします。お湯が沸騰したら火を止めて少し落ち着かせましょう。表面のポコポコした泡が鎮まったときが、抽出に適した温度です。

2. ペーパーフィルターをドリッパーにセットする

Photo by UCC

フィルター底の接着部分を外側に折り、側面の接着部分を内側に折ります。つぎに、ドリッパーに軽く押さえつけるようにしてフィルターをセットしましょう。

3. フィルターにコーヒー粉を入れる

Photo by UCC

フィルターにコーヒー粉を入れます。コーヒー粉を入れたら、全体にムラなくお湯を注ぐために、ドリッパーを軽く振って粉の表面をたいらにならしておきましょう。

4. コーヒーを蒸らす

Photo by UCC

はじめに、コーヒーに少量のお湯をそっとのせるように注ぎ、粉全体に均一にお湯を含ませます。20秒ほどそのままにして蒸らしましょう。 注ぐお湯の量は20ccほどで、温度は95℃前後が適応です。サーバーにお湯が数滴、ポタポタと落ちてくるのを目安にしましょう。

5. お湯を注いで抽出する

Photo by UCC

お湯を注いでコーヒーを抽出していきます。コーヒー粉の中心に小さな「の」の字を描くように、お湯を80cc→40cc→20ccと3回に分けてやさしく注ぎましょう。水面が上から1/3程度減ったら、つぎのお湯を注ぐようにします。 ここでご紹介しているのは、1杯分を抽出するときに注ぐ湯量の目安です。もちろん、サーバーについている「1杯分」の目盛りを見ながらお湯を注いでも大丈夫ですよ!

特集

FEATURE CONTENTS